kazumi_inden

Kazumi Inden

2017年9月世界銀行入行。ユニバーサルヘルスカバレッジ(UHC)達成に向けてグローバルなアドボカシーを展開する「UHC2030」を通し、国連UHCハイレベル会合の準備、また、各国の政治的コミットメントのモニタリングおよび提言に従事。国レベルでは、ガーナ、シエラレオネ、リベリアにおける、新型コロナウイルス緊急支援やワクチン接種促進を含む、保健システム強化プロジェクト実施支援に取り組んでいる。広島大学法学部法学科卒業。国立マレーシア大学社会科学大学院にて国際関係学修士号(MA)およびジョージワシントン大学公衆衛生大学院にて公衆衛生修士号(MPH)を取得。2020年夏より、ジョンズホプキンス大学公衆衛生大学院にて公衆衛生博士課程(DrPH)に在籍。

第59回インタビュー 2021年11月8日

位田 和美(いんでん かずみ)世界銀行 保健・栄養・人口グローバルプラクティス 上級保健専門官

「やってみないとわからない。行動せずに諦めない」という強い信念のもと、戦略的に社会貢献と自己鍛錬の場を模索し続ける位田さん。これまで培った豊富な人脈とスキルを駆使し、新型コロナウイルス緊急支援プロジェクト、また保健システム強化に資するべく、日々の業務に取り組んでいます。

緒方貞子さんを目指して

まだ自分の街しか知らない高校時代、カンボジアに降り立った明石康さんや、セルビアやボスニアで難民や国内避難民の支援の指揮を執った緒方貞子さんなど、日本を代表する国連職員の姿をテレビで見て、そんな職業があるのかと衝撃を受け、脳裏に焼きつきました。様々な文献を通じて国際公務員という職業を知り、緒方さんと同じ国際法を勉強しようと広島大学の法学部に入学しました。

在学中、マレーシアに交換留学する機会を得て、国際関係学や政治学に関心が深まったのと、早いうちから途上国での生活を経験してみようと、1つ目の修士課程は国際関係学に進みました。帰国後は株式会社日立製作所の金融ITコンサルティング部門に就職しましたが、将来国際開発の道に進みたいという強い思いがあり、国連への登竜門であるジュニア・プロフェッショナル・オフィサー(JPO)を目指し、週末に開催される国連を目指す人たちの勉強会に積極的に参加し、情報収集に努めました。

「開発業界を目指すならまずはフィールドに出るべき。青年海外協力隊であればフィールドでの経験を積むと同時に、国際協力機構(JICA)での業務経験および国内最大の開発業界でのネットワークの強さを習得できる」との勉強会で出会った先輩の助言に沿い、セネガルを第1希望に出し、村落開発普及員として約2年間、派遣されました。なおセネガルはフランス語圏なのですが、将来アフリカで働くのであれば必須であろうと、学部時代からフランス語を第二外国語として学んでいました。

セネガル:コミュニティ開発、現場の原点

派遣されたのは、セネガルの首都であるダカールから車で10時間以上かかるクンゲル県でした。熱帯の砂漠地帯で、バイク1台のみ支給され、外国人はほぼおらず、住んでいた街には電気と水は一応あるといった環境で、人生初めての村落活動です。2年派遣された中で特に印象的だったのが、小学校と保健クリニック合同の保健啓発活動でした。村をあげて保健衛生に関する知識を深めてもらうという事業なのですが、先生との合同企画、また保健クリニックの看護師との内容調整等、大変勉強になることばかりでした。当日はコミュニティラジオ局も通じて大勢の観客を動員できたばかりでなく、翌年同コミュニティの小学校就学率が大幅に上がるという結果も伴いました。本イニシアティブは後日、県全体に向けた広報活動にも一役買い、セネガルでのさらなる保健啓発の推進にも繋がりました。

村落開発普及の取組みを通じて公衆衛生の影響力を目の当たりにし、同分野での専門性を深めたいと思い、ワシントンDCで2つ目の修士である公衆衛生の課程に進みました。公衆衛生は、老若男女全ての人に関わります。特に新生児にとって生存を左右するのは保健であり、生まれた子供を予防可能な疾病から守り、ひとりひとりの潜在性を生かす最初のステップです。専門性を極めるべきはこの分野だとセネガルでの経験が気付かせてくれました。

ユニセフ(UNICEF):各国の水と衛生セクターの成長を後押し

大学院修了後は、日本ユニセフ協会の海外インターン制度を活用し、UNICEFのインド事務所で働くことになりました。修士論文のテーマに取り上げたHIVエイズの部署に所属していましたが、水と衛生(WASH)分野で働く職員とお話する機会にも恵まれました。セネガルの経験にも繋がる衛生分野の啓発活動、特に大学院での専門でもある行動変容アプローチに関心が高まりました。

インターン後、ついに目指していた国連JPOに合格したのですが、まずはハードシップの高い派遣国を目指そうと、第1希望だったUNICEFチャドに赴任しました。長期にわたる紛争の影響から、国境地域でのプロジェクトモニタリングでは護衛戦車4台を連ねて不発弾処理をしながら移動したこともありました。また、スタッフは、メンタルヘルスの観点から、8週間毎に休暇を挟まねばならない決まりがあり、常に事務所の同僚が不在という状況でした。そのため、着任して間もないJPOであっても、セクションチーフの代行としてUNICEF主導による水と衛生セクターの会議に出席する等、得難い経験をさせていただきました。

その後、JPO2年目に過ごしたエチオピア事務所を経て、水と衛生専門家としてUNICEFに正規採用され、シエラレオネ、マラウイで、保健省・教育省・水利省・地方分権省と共に国づくり業務に参加しました。プロジェクトマネージャーともなると、その国のWASH分野全体の成長を考えなければならず、政府と足並みをそろえて政策対話や政策作りに責任者として携わりました。WASHセクターのキャパシティ・ビルディング、また、UNICEFが支援するプロジェクトのモニタリング・評価に、欧米の大学と連携し、定量的・定性的調査を設計・実施する等、UNICEFでの仕事を通じて、より実用的な知識や経験を得られただけでなく、関係者を取りまとめる等、私自身のリーダーシップスキルも向上しました。

G7伊勢志摩サミットで、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)政策提言を調整

計9年間のアフリカ生活はこの上なく刺激的な日々だったのですが、グローバルな潮流への関心が強まり、財団法人日本国際交流センターのプロジェクト・オフィサーとして日本へ帰国することにしました。ちょうど2016年のG7伊勢志摩サミットの1年前で、グローバルヘルスの世界的な潮流ができつつあり、日本がすべての人に健康と福祉の提供を目指すUHCを外交戦略の要のひとつとして打ち出そうとしていた時期でした。日本が主体となり、歴史上初めてG7サミットがUHCを取り上げることになったのです。G7サミット本番に向け、産官学・市民社会が政策提言をするため議論を交わす中、各関係者の調整役を担いました。この経験を通して、グローバルヘルス分野での国内外のネットワークが構築できた他、日本のグローバルヘルス政策形成のプロセスをつぶさに学ぶことができました。

世界銀行:グローバルレベルで仕組みを作る

kazumi_inden
2019年国連UHCハイレベル会合後初のUHCデーで、UHC2030の市民社会代表のメンバーと(ブリュッセル)

世界銀行には2017年、保健専門官として、ミッドキャリア中途採用プログラムを通じて入行しました。グローバルヘルスの分野は幅広いながら、グローバルと国レベルの双方からアプローチできる柔軟性のあるポジションは少なく、応募に際し全力を傾けました。世界銀行がナレッジに力を入れていることも魅力に感じました。

最初の3年半は、UHCの世界的な潮流づくりが主な仕事でした。世界銀行が世界保健機関(WHO)と共同事務局を務めるUHC 2030というプラットフォームを舞台に、産官学および市民社会とともに様々な仕掛けを打ち出し、その声を取りまとめていく、いわば伊勢志摩サミットで経験した職務のグローバル版のお仕事です。2019年の国連UHCハイレベル会合では、その集大成とも言えるUHC政治宣言に、日本政府等との緊密な協力の下、マルチステークホルダーの提言を盛り込んでもらうこともできました。

国レベルでは、アフリカ数カ国の保健プロジェクト設計・実施・モニタリングを担当しています。最近では新型コロナウイルス感染症緊急支援のため、ガーナとシエラレオネの2カ国のプロジェクトの準備を同時並行で行い、世界銀行史上最速の2週間という期間で理事会承認に至りました。新型コロナウイルス感染症の流行で仕事量は劇的に増えましたが、同時に、現地でもデジタル化が進み、出張しなければできないと思っていた会議や政策対話が、現場に行けない限界はあるものの、オンラインでもある程度はできるようになったのは思わぬ副産物ですね。

kazumi_inden
シエラレオネ保健省、世銀、ユニセフ、UNAIDS、WHO、グローバルファンド、GAVIとの合同ミッション中、コミュニティヘルスワーカーの活動視察・対話(シエラレオネ、ボンバリ県)

また、UHCの根幹であるプライマリーヘルスケアのシステム強化にも取り組んでいます。例えば、栄養は人間開発の重要な指標であるため、世界銀行も多くの国で5歳未満の栄養不良児を減らす取り組みを支援しています。シエラレオネでは同分野のインパクト評価を実施中で、保健省がガイドラインに沿って栄養サービスを提供しただけの場合と、積極的にコミュニティが参加した場合とを比較し、その結果に違いがあるかを検証しています。シエラレオネ政府は、2030年までにUHCを達成するという国家目標を掲げており、調査結果を今後の政策・プロジェクト設計にも活かし、人間開発にも貢献できるよう働きかけていく予定です。

自分の成長と社会貢献の両方ができる環境を探し続ける

kazumi_inden
アフリカ、ヨーロッパの国会議員ネットワークのためのUHCブリーフィング(バンコク)

常に「やってみたいこと」を実現するため、とことん模索しつつ、社会貢献のやり方、所属する機関等を変遷してきました。自身の成長過程に応じて、自己成長と社会貢献の双方が適うマッチングポイントを探し続けています。幸いなことに、今にも言えることなのですが、人生のさまざまな転換点で、救世主のようにメンターが現れ、的確な助言をいただいてきました。このようにかけがえのない先輩方に出会えたのも、自分自身が常に目的意識を持ってアンテナを張っているからこそだと思います。

今までさまざまな機関で働いてきましたが、私の根幹にあり、今でも大切にしているのは、現場の第一線であるコミュニティが何を求めているかを探求していくことです。また、一国の保健分野を政府と共に背負い歩んでいく中で、政策提言、キャパシティ・ビルディング、プロジェクト遂行の3点をどう回していくか、これは世界銀行のチームリーダーになる上で非常に重要な視点であり、常に自分の中で課題として鎮座している質問です。特にUNICEFの業務を通じて培ったスキル、経験が役立っています。

日本人である強みを最大限に活用

グローバルヘルスとUHCを進める上で、日本との連携は不可欠です。UHCは日本が優先課題とし、世界銀行も推進している分野です。日本人が窓口であれば、円滑に連携でき、かつ相乗効果も期待できます。入行後すぐにUHCの第一線で働くことができたのは、私自身が日本人であり、日本の優先分野と合致していることも大きいと思います。

グローバルな環境では、日本人の調整力の高さは強みです。様々な意見を聞き入れおもんぱかる文化は、きめ細かなフォローアップに生かされ、質の高い成果物を上げることができます。UHCは多くの国際機関、各国政府が力を入れていますが、異なる視点論点をめぐり意見が対立することも多くあります。そういった状況で、全関係者が納得できる合意点を辛抱強く作り上げていくスキルは欠かせません。個人的に、日本人は動線・流れを読むのに長け、マルチタスクを要するプロジェクトの運営を効率的にできる人が多い印象があります。普段主張しすぎない分、発言した折には言葉の重みが増すのか、政府からの信用も厚いと感じています。

世界の最前線の課題に情熱を持って勝負できる

kazumi_inden
2019年国連UHCハイレベル会合準備に向けた、マルチステークホルダー会合にて、第73回国連総会議長マリア・エスピノサ氏の冒頭演説(ニューヨーク)

UHC達成への道筋作り、新型コロナワクチン普及および接種支援といった、世界の最前線の課題解決に挑戦する機会がある、というのが世界銀行で働く醍醐味だと思います。世界銀行には、資金力、蓄積されたナレッジと経験、動員力の3つが揃っています。幅広い分野を扱っていることからマルチセクターで連携でき、構築された組織的な知見や発信力も高く、計り知れない影響力を持っていると感じます。そのため、グローバルレベルでも国レベルでも、他の機関が世界銀行の動きを注視していることは日々の業務を通じて痛感しており、より責任も強く感じます。世界銀行の持つ発言力、情報の浸透力、そして知見共有のため積極的にセミナー等を開催する文化、そういう側面が世界銀行の魅力であり、自己成長を促す土壌を提供してくれています。

今後のキャリアビジョン

まずは、いかにグローバルで学んだことを国レベルで落とし込んでいくか、グローバルと国レベルのシナジーを突き詰めていきたいと思います。また、世界銀行の持つ強みを最大限に発揮すべく、行内の素晴らしい人材プールも活かしつつ、グローバルヘルスの潮流を見据えて各国のUHCの政策提言ができるよう、リーダーシップのスキルも向上したいですね。私の強みであり情熱を傾けている分野でもある、紛争や暴力、脆弱性を含む環境下でのUHC達成に向けた保健システム強化の支援や、現在在籍中の博士課程での研究とも相まって分析・調査力を向上させて、エビデンスを持ってセクター改革や政策設計ができるよう目指してもいます。

やってみたいと思うことに出会えたら、まずやってみる

これから世界銀行を目指す人にお伝えしたいのは、「自分が情熱を持てる分野を見つけ、まずは行動する」ことです。やると決めたら粉骨砕身の覚悟で努力する。寄り道しながらでも情熱を持って取り組める仕事に出会えるよう探求し続けるのが良いと思います。とはいえ、国際機関は狭き門であり、年齢制限もあるので、各ライフステージに設けられた制度をうまく活用する、という戦略的な視点も必要です。

次に、常に成長し続けられるような環境に身を置くことです。そのためには、「どういう機関を目指すか」ではなく、「何がやりたいのか。やりたいことを達成するための最適な環境はどこか」を見極めながら情報収集・応募するのが良いと思います。

そして何よりも伝えたいことは、「楽しむ」ことです。その上でメンターの存在は要になってきますが、メンターに助言をいただくだけでなく、会話を楽しみながら定期的に報告できるような関係を築くことが大切だと思います。目的意識や情熱を共有する人とのネットワークを広げることは、ひいては自分の人生および仕事をより楽しめる環境を作り上げることにもつながるので、仲間づくりを意識すること、これはこの業界では欠かせませんし、またとない醍醐味であると思います。

 

関連リンク
JPOプログラム
採用・奨学金
人事が語る~グローバルキャリア構築のための処方箋~


世銀スタッフの横顔ホーム