This page in: English | 日本語

アルファベットで見るIDA — 世界銀行の最貧国向け基金

貧困のない世界-IDAの支援を通じて

世界銀行グループの一機関である国際開発協会(IDA)は、世界の最貧国支援を目的に、50年以上にわたって困難かつ複雑な課題に取り組んできました。IDAは、世界最大規模の援助機関の一つとして、保健、教育、インフラ、農業、経済・組織制度開発の分野で、世界の最貧国(うち半数はアフリカ諸国)を支援しています。これらの国々には25億人が生活しており、そのうち18億人は1日2ドル未満で命をつないでいます。

IDAの支援による雇用の創出、ならびに安全な飲料水、学校、道路、栄養、電気へのアクセスを通じて、数億人が貧困から抜け出しています。IDA資金により、この10年間で5億人近い子供たちが予防接種を受け、1億2300万人が整備された飲料水源へのアクセスを確保し、6500万人が保健サービスを受けることができました。

IDAの成果についての詳細は、アルファベットで見るIDAの成果の概要アフリカジェンダー紛争影響下の脆弱国気候変動、および組織・制度の強化をご覧ください。