IDA国別実績格付2011年

IDAの資源配分は国別実績格付(CPR)に基づいて行われます。IDA第15次増資の協議の中で、資源の流れの透明性向上を目的としてCPRが簡素化されました。現在、CPRはCPIA格付のクラスターA-C(24パーセント加重)、CPIA格付のクラスターD(68パーセント加重)、およびポートフォリオ実績(8パーセント加重)を加算することで決定されています。

2011年の結果
CPRとその構成要素は、以下の表に示されています。
表1a ( PDF | エクセル )
これらの格付の詳細な決定方法については、IDA第16次増資報告書の付録2 (PDF)をご覧ください。

過去の推移
CPR 2006-2010年 (PDF)

注記:
•これらの得点は世界銀行の職員が算出するものであり、必ずしも理事会または各理事が代表する政府の見解を反映するものではありません。
•評価得点を解釈する場合、注目すべき点は、開発中立的(開発段階による区別をしない)方法で基準が作られていることです。したがって、開発が進んでいるゆえに成長と貧困削減をより強力に促進する政策や制度的枠組みを備えている国は、高得点を獲得することができます。

一目でわかるIDA(PDF)

IDA at a GlanceIDAは世界銀行の最貧国向け基金です。

続きを読む »

IDAに関する基礎知識

IDAの主な国別成果

続きを読む »

地図で見る成果(英語)

MAPPING FOR RESULTS: IDA-FINANCED PROJECTS 地図を見る »