【世界銀行東京事務所 Eニュース 583号 】キャリアセミナー「世界銀行で働く~森秀樹ウズベキスタンカントリーマネージャー」、他

世界銀行東京事務所 Eニュース 第583号 2017年11月22日 発行 http://bit.ly/tL300Q

******************************
<目次>
(1) 主なニュース
(2) 世界銀行空席公募情報
(3) セミナーのお知らせ
******************************

(1) 主なニュース

■西バルカン:雇用創出が経済成長を牽引
世界銀行は16日、報告書「西バルカン経済報告書(仮題)」の中で、西バルカン6カ国における2017年の経済成長は2.6%と予測しました。2018年は3.3%、2019年は3.6%と堅調な成長が見込める一方で、政策の不透明性が投資や成長を抑制する可能性があると指摘しています。

プレスリリース: http://wrld.bg/naVj30gDoG8 (英語)


■中東・北アフリカ:アラブ世界での先々の電力需要に対応
世界銀行は15日、報告書「中東・北アフリカ地域における電力事業の解明(仮題)」を発表し、コスト効率改善に向けた各地域の処理能力強化の必要性を強調しで、同地域の14の経済圏、67の電力事業者を網羅した電力データベースを紹介しています。

プレスリリース: http://wrld.bg/w6gM30gDoGo (英語)


■小島嶼開発途上国:強靭な輸送経路で災害損失を抑制
世界銀行は15日、報告書「小島嶼開発途上国の気候・災害に対応する強靭な輸送経路(仮題)」の中で、同地域で災害による損害は、道路や橋が大きな比重を占め、小規模な経済活動に多大な損失を及ぼしていると指摘しました。気候変動や災害リスクに対応するためには、輸送アセットマネジメントに投資することで、災害脆弱性を顕著に低減できる可能性があると分析しており、世界銀行が事務局を務める防災グローバル・ファシリティ(GFDRR)が支援を行っています。

プレスリリース: http://wrld.bg/LTkG30gDoGB (英語)


■BRICS:貧困国への資金流入が2009年の危機以来最低、BRICSは貧困国への支援額を倍増
世界銀行は14日、「国際債務統計2018(仮題)」の中で、IDA(国際開発協会)支援の適格国に該当する59カ国への資金流入が、2011年以来最低の176億ドルに減少したと分析しています。逼迫した市況と各付け引き下げが民間資本動員の低迷を招いたとしたうえで、BRICSからの新たな拠出金は2016年に840億ドルに到達していることから、一時的な現象だと分析しています。

プレスリリース: http://wrld.bg/v3NH30gDoGX (英語)


■世界銀行と国連、持続可能な金融システムに向けたロードマップを提示
世界銀行グループと国連は13日、政府、民間セクターが目的に適した国際金融システム設計を支援するための調査報告書「持続可能な金融システムに向けたロードマップ(仮題)」を発表しました。気候変動対策は、2016年から2030年までに22兆6,000億ドルの初期投資案件を創出すると予測し、今後24カ月間を取り組みと持続可能な開発に向けた支援を拡大する重要な期間と位置付けています。

プレスリリース: http://wrld.bg/SCBl30gDoHc (英語)



(2) 世界銀行空席公募情報

■上級保健専門官
<職務内容>
グローバル・ファイナンシング・ファシリティ(GFF)における母子保健(MNCH)のプロジェクトデザイン支援等を担当。
<応募条件>
プロジェクト調査、応用研究、経済学、保健制度、医学、マネジメント、社会科学分野での修士号または博士号と実質的な開発政策や関連分野での10年以上の実務経験。母子保健、公衆衛生、保健システム管理、または保健経済学における8年から10年の実務経験と家族計画、リプロダクティブ・ヘルスを含む母子保健の専門知識。

応募締切:2017年12月5日
詳細・応募(英語): http://wrld.bg/TKtS30gDv3c


■都市エコノミスト
<職務内容>
途上国の経済開発、開発回廊、国土形成戦略に関連する課題の分析、調査の支援、実行。国土開発ソリューションズ・グループ(GSG)のプログラムの参画、実行。
<応募条件>
都市開発、インフラ、経済学、都市計画、政治経済学、公共政策、エンジニアリング等のサービス分野における修士または博士号。開発途上国の都市セクターにおける5年以上の都市プロジェクト参加、分析経験が必須。

応募締切: 2017年12月11日
詳細・応募(英語): http://wrld.bg/1tRN30gDv3r



(3) セミナーのお知らせ

■防災の主流化に向けて:強靭なインフラと持続可能な開発

日時:2017年11月28日(火)午前10時45分から午後12時15分
場所:仙台国際センター会議棟2階 萩 (Room 3) 
内容:世界防災フォーラム/防災ダボス会議@仙台2017のセッションとして、「日本―世界銀行防災共同プログラム」を通じて、世界銀行が日本政府とがどのように緊密に連携しているかを、東アジアと太平洋地域での事例をもとにご紹介します。
言語:英語・日本語(同時通訳付)
詳細・参加お申込み: http://wrld.bg/n4rH30gJYMz

■世界銀行で働く~森秀樹ウズベキスタンカントリーマネージャー

日時:2017年11月29日(水)午後6時30分から午後8時
場所:世界銀行東京事務所 http://ow.ly/Ok6kd
内容:森秀樹ウズベキスタンカントリーマネージャーから、世界銀行の業務内容や、社会的に弱い立場にある人々への社会的保護にかかわるプログラムや、今年3月から取り組むウズベキスタンでの業務、また人事局での経験から、どのような人材が求められているかご紹介します。
言語:日本語
詳細・参加お申込み: http://wrld.bg/ZlYc30gJYRz


*******************
世界銀行東京事務所
電話 03-3597-6650 FAX 03-3597-6695 http://bit.ly/ucIAmw
世界銀行東京事務所ツイッター http://bit.ly/v4XlyH
世界銀行東京事務所フェイスブックページ http://on.fb.me/rWkJWi
世界銀行東京事務所インスタグラム http://instagram.com/worldbanktokyo
*******************