【世界銀行東京事務所 Eニュース 628号 】報告書:世界経済見通し(GEP)2019年1月版、他

世界銀行東京事務所 Eニュース 第628号 2019年1月11日 発行 http://bit.ly/tL300Q

******************************
<目次>
(1) 報告書:世界経済見通し(GEP)2019年1月版
(2) 世界銀行グループとフィナンシャル・タイムズ、高校生を対象としたブログコンテス トを開催
(3) 岡三証券がサステナブル・ディベロップメント・ボンドを販売
(4) 世界銀行グループ、キム総裁の2月1日付退任を発表
(5) セミナーのお知らせ
(6) 主なニュース
******************************

(1) 報告書:世界経済見通し(GEP)2019年1月版

世界銀行は8日、今後の展望の下振れリスクが高まる中、世界経済の成長は2018年の下方修正予測である3%から、2019年は2.9%へと緩やかに減速するだろうとの見通しを発表しました。インフォーマル・セクターが雇用の約70%、GDPの30%を占める新興国・途上国では、フォーマル・インフォーマル双方のセクター統合に向けた、税・規制面の負担軽減、金融アクセス改善、教育と公共サービスの改善、公的収入枠組みの整備が課題だと分析しています。

プレスリリース: http://wrld.bg/OkSG30nfUly
世界経済見通し(GEP)ウェブサイト: http://wrld.bg/zFWQ30nfUmK



(2) 世界銀行グループとフィナンシャル・タイムズ、高校生を対象としたブログコンテストを開催

テクノロジーによる世界の急激な変化の中、将来どのような仕事が登場し、どのような仕事に就き、そのためにはどのような教育が必要でしょうか。

未来のリーダーたちの創造力を生かしたオリジナリティに溢れるアイデアを募集しています。
受賞作品は、フィナンシャル・タイムズ紙と世界銀行のブログで発表され、また受賞者は、2019年4月にワシントンDCで開催される世界銀行・IMF春季会合に参加することができます。

ブログ: http://wrld.bg/8yG130nfUsj
応募締切: 2019年1月31日
コンテストへの参加・応募: http://ow.ly/ObB530necQp (英語)



(3) 世界銀行グループ、キム総裁の2月1日付退任を発表

ジム・ヨン・キム 世界銀行グループ総裁は、2月1日付で世界銀行グループの総裁を退任することを発表しました。キム世界銀行グループ総裁の6年以上にわたる在任中、出資国は、世界銀行グループがグローバルな開発課題に取組む上で強力なリーダーシップを維持できるよう複数のイニシアティブに多大な支援を行いました。また、2012年に掲げられた「2030年までの極度の貧困撲滅」と「繁栄の共有の促進」の2大目標は現在、同グループの指針として世界各地での日々の業務を支えています。

プレスリリース: http://wrld.bg/hY2G30nfV8f



(4) 岡三証券がサステナブル・ディベロップメント・ボンドを販売

世界銀行(国際復興開発銀行:IBRD)はこの度、国内の個人投資家向けにメキシコペソ建てサステナブル・ディベロップメントボンド(世銀債)を発行します。今回発行するサステナブル・ディベロップメントボンドは期間3年、発行額:5億25百万メキシコペソで、岡三証券株式会社が販売しています。

プレスリリース: http://wrld.bg/soQl30ngLq8



(5) セミナーのお知らせ

■生産性を再考する:分析と政策のパラダイム変化
世界銀行セミナー

日時:2019年1月15日(火)午後4時30分~午後6時
場所:世界銀行東京事務所 http://ow.ly/Ok6kd
内容:昨年10月に発表された新報告書「生産性を再考する:分析と政策のパラダイム変化」(Productivity Revisited: Shifting Paradigms in Analysis and Policy)の共著者であるウィリアム・マロニー世界銀行公正成長・金融・制度(EFI)担当チーフエコノミスト来日の機会を捉え、同報告書の概要をご紹介するセミナーを開催します。使用言語は英語・日本語(同時通訳付き)です。ぜひご参加ください。
詳細・お申込み: http://wrld.bg/jmXZ30nfUPm


■知らないと知られていることからブラックスワンへ:ラテンアメリカ・カリブ海地域のリスクをどう管理するか
世界銀行モーニングセミナー(第23回)

日時:2019年1月24日(木)午前7時45分~8時45分
場所:世界銀行東京事務所 http://ow.ly/Ok6kd
内容:ラテンアメリカ・カリブ海地域総局が10月5日に発表した、地域内の経済概況と展望をまとめた半期経済報告「知らないと知られていることからブラックスワンへ:ラテンアメリカ・カリブ海地域のリスクをどう管理するか」(From Known Unknown to Black Swans: How to Manage Risk in Latin America and the Caribbean) の執筆チームのダニエル・リエラ―クライトン世界銀行ラテンアメリカ・カリブ海地域総局チーフエコノミスト室リサーチエコノミストが、テレビ会議でワシントンより同報告書の主なポイントをご紹介し、皆様からのご質問にお答えします。
詳細・お申込み:http://wrld.bg/wOZS30nfUUP


■開発のための情報・コミュニケーション2018:データ主導型開発
世界銀行モーニングセミナー(第24回)

日時:2019年1月29日(火)午前7時45分~8時45分
場所:世界銀行東京事務所 http://ow.ly/Ok6kd
内容:データ主導型開発をテーマに、より良い情報がより良い政策を生み出すという点にフォーカスを当て、途上国の民間企業や政府が保有する様々なデータをサービスデリバリーや意思決定に活用する方法や、個人データを個人がよりコントロールできるよう人々に対するエンパワーメントについて検討した報告書「開発のための情報・コミュニケーション2018:データ主導型開発」(Information and Communications for Development 2018: Data-Driven Development)の執筆編集チームを主導したティム・ケリー 世界銀行ナイロビ事務所主任ICT政策専門官が、ワシントンよりテレビ会議で同報告書の主なポイントをご紹介し、皆様からのご質問にお答えします。
詳細・お申込み:http://wrld.bg/OHe030nfUWe



(6) 主なニュース

■ルワンダ:革新的な調理用コンロで環境保全
薪や木炭による調理は健康や環境に深刻な影響を与えています。ルワンダの企業が世界銀行の「開発のための炭素イニシアティブ(CiDev)」の支援を受け、クリーンで環境にやさしい超低燃費のガスコンロを無料でリースし、ルワンダで製造された持続可能なバイオマス燃料ペレットを組み合わせることにより、この課題を逆手にとりました。この企業の顧客ベースはCi-Devとの契約が締結以降、提供世帯数が2倍以上に増え、2019年末までに2万5,000世帯にペレットが届く予定です。

特集: http://wrld.bg/kBWS30ng0aw (英語)


■バングラデシュ:包括的で質の高い雇用の支援
バングラデシュ政府は1月9日、包括的で質の高い雇用創出に向けた重要な課題に取り組むための改革を支援するために、国際開発協会(IDA)を通じ2億5,000万ドルの開発政策を締結しました。これにより、政府による貿易の近代化、投資の促進、労働者の社会的保護システムの強化や、脆弱な人々の雇用促進が見込まれます。

プレスリリース: http://wrld.bg/avYK30nfUou (英語)


■アフガニスタン:家庭菜園で収入を育む女性たち
国立園芸・畜産プロジェクト(NHLP)が取組みを支援するパンジシール州の家庭菜園プログラムは、収入のないアフガニスタンの女性たちの自立を支援し、その家族をサポートしています。アフガニスタンの園芸製品の生産と生産性向上を目的とした同プロジェクトは、世界銀行が管理するアフガニスタン復興信託基金(ARTF)を通じた1億9,000万ドルの資金により支えられています。

特集: http://wrld.bg/uVWR30nfUoE (英語)



*******************
世界銀行東京事務所
電話 03-3597-6650 FAX 03-3597-6695 http://bit.ly/ucIAmw
世界銀行東京事務所ツイッター http://bit.ly/v4XlyH
世界銀行東京事務所フェイスブックページ http://on.fb.me/rWkJWi
世界銀行東京事務所インスタグラム http://instagram.com/worldbanktokyo