【世界銀行東京事務所 Eニュース 697号】世界銀行グループ 100カ国の新型コロナウイルス感染症対応を支援、ICPが最新の購買力平価を発表、他

世界銀行東京事務所 Eニュース 第697号 2020年5月22日 発行 http://bit.ly/tL300Q

******************************
<目次>
(1) 世界銀行グループ: 100カ国の新型コロナウイルス感染症対応を支援
(2) ICPが最新の購買力平価を発表、世界経済の半分を低・中所得国が占めることが明らかに
(3) カーメン・ラインハート氏をチーフエコノミストに任命
(4) セミナーのお知らせ
(5) 主なニュース
******************************

(1) 世界銀行グループ: 100カ国の新型コロナウイルス感染症対応を支援

5月19日、世界銀行グループは、 新型コロナウイルス感染症への緊急対応支援の対象となる途上国が100カ国に達したことを発表しました。デイビッド・マルパス世界銀行グループ総裁は、「新型コロナウイルス感染症の世界的流行と先進国における経済活動の停止により、最大6,000万人が極度の貧困に陥る可能性がある」と述べ、今後15カ月間に最大1,600億ドルの資金を供給するとしています。

プレスリリース: http://wrld.bg/AgRv30qIm1b



(2) ICPが最新の購買力平価を発表、世界経済の半分を低・中所得国が占めることが明らかに

5月19日、国際比較プログラム(ICP)は、報告書「世界経済の購買力平価及び規模:2017年国際比較プログラムの結果(仮訳)」の中で、国による生活費の違いを反映した2017年の購買力平価(PPP)で測定した2017年の世界経済の規模は120兆ドル弱となり、経済活動全体の半分以上が低・中所得国で行われたことを明らかにしました。

プレスリリース: http://wrld.bg/YmM430qIm2h



(3) カーメン・ラインハート氏をチーフエコノミストに任命

デイビッド・マルパス世界銀行グループ総裁は本日、カーメン・ラインハート氏を世界銀行グループの新副総裁兼チーフエコノミストに任命したと発表しました。ラインハート氏は現在、世界銀行が続けている債務の透明性に関する議論に顧問として参加している他、国際通貨基金(IMF)が新型コロナウイルスの世界的流行と経済への影響等の政策課題に提言を行うために設置した外部アドバイザリー・グループのメンバーも務めており、世界銀行グループのチーフエコノミストには6月15日に着任の予定です。

プレスリリース: http://wrld.bg/ZoWa30qImd4



(4) セミナーのお知らせ

■新型コロナウィルス感染症危機:移住の観点からの検証
世界銀行モーニングセミナー(第64回)

日時:2020年5月29日(金)午前8時~午前9時
内容:4月22日発表の新報告書「新型コロナウィルス感染症危機:移住の観点からの検証」(COVID-19 Crisis Through a Migration Lens)の執筆担当者で、移民と開発に関するグローバル・ナレッジ・パートナーシップ(KNOMAD)の責任者でもあるディリップ・ラーサ世界銀行社会的保護・雇用グローバルプラクティス主任エコノミストが、ワシントンよりライブストリーミングで同報告書の主なポイントを日本の皆様向けにご紹介します。
お申込み:不要
詳細・事前ご質問受付: http://wrld.bg/A1Vl30qIlxR


■新型コロナウィルス感染症拡大:教育への影響と政策対応
世界銀行モーニングセミナー(第65回)

日時:2020年6月5日(金)午前8時~午前9時
内容:5月7日発表の新報告書「新型コロナウィルス感染症拡大:教育への影響と政策対応」(The COVID-19 Pandemic: Shocks to Education and Policy Responses)の執筆担当者であるハルゼイ・ロジャース世界銀行人間開発ネットワーク主任エコノミストとシュレットレナ・サバルワル世界銀行教育グローバルプラクティス上級エコノミストが、ワシントンよりライブストリーミングで同報告書の主なポイントを日本の皆様向けにご紹介します。
お申込み:不要

詳細・事前ご質問受付: http://wrld.bg/tXxK30qIlxu



(5) 主なニュース

■アフリカおよび中東の蝗害による食料安全保障や生計維持を支援
世界銀行グループは5月21日、アフリカおよび中東におけるバッタ被害対策に向けた5億ドルのプログラムを承認しました。このプロジェクトは、被害の影響を受けた脆弱な世帯への現金給付や、影響を受けている国の農業と畜産生産システムの中期回復および農村部の生計を支援します。

プレスリリース: http://wrld.bg/WdjI30qIjOX (英語)


■自然への投資が担う人々と生物多様性への役割
5月22日は国際生物多様性の日です。世界では10憶人が、森林破壊や土壌侵食、生産性の低下による影響を受ける地域に居住しています。世界銀行は、持続可能な土地管理や信頼性の高い水へのアクセス、生態系と生活の回復力の向上への支援を通じ、生物多様性の保全に取組んでいます。

ストーリー: http://wrld.bg/f1FH30qIjP1 (英語)


■将来の回復力構築につなげるためのデジタル化
適切な規制や必要なITリソースの欠如は、パンデミックなどの大規模な混乱時に状況維持を確保する上での課題となっています。ブログでは、各国は将来を見据え、情報通信の技術および規制、労働者の技術強化、デジタル社会における説明責任に投資し、重大な外的ショックに対する準備と回復力を向上させる必要があると述べています。

ブログ: http://wrld.bg/AGVx30qIjP3 (英語)


■ラテンアメリカ・カリブ海地域:新型コロナウイルス感染症と男女格差
ラテンアメリカ・カリブ海地域では、新型コロナウイルス感染症による自粛に伴い、女性と少女に対する暴力や殺害の報告が大幅に増加しました。深刻なジェンダー格差を解消するには、女性の教育と健康の改善や、雇用に関する制約の緩和、所有権と資産管理に対する障壁の排除、女性の声と影響力の強化を後押しするための、一層の取組みが必要です。

特集: http://wrld.bg/hbDx30qIjPb (英語)



*******************
世界銀行東京事務所
電話 03-3597-6650 FAX 03-3597-6695 http://bit.ly/ucIAmw
世界銀行東京事務所ツイッター https://twitter.com/WorldBankTokyo
世界銀行東京事務所フェイスブックページ https://www.facebook.com/WorldBankTokyo
世界銀行東京事務所インスタグラム http://instagram.com/worldbanktokyo