【世界銀行東京事務所 Eニュース 688号 】世界銀行グループ、経済と雇用を支えるため、新型コロナウイルス感染症対策への支援を140億ドルに増額、他

世界銀行東京事務所 Eニュース 第688号 2020年3月19日 発行 http://bit.ly/tL300Q

******************************
<目次>
(1) 世界銀行グループ、経済と雇用を支えるため、新型コロナウイルス感染症対策への支援を140億ドルに増額
(2) MIGA、バングラデシュで三菱重工による肥料製造プラントの建設を支援
(3) 日本人採用ミッション:上級社会開発専門官を募集中(3月27日締切)
(4) 事前告知:2020年 世界銀行グループ日本人職員(日本政府が支援するジュニア・プロフェッショナル・オフィサー(JPO)とミッドキャリア(MC))募集
(5) ブログ:世界で最も貧しい国が持つ共通点
(6) 主なニュース
******************************


(1) 世界銀行グループ、経済と雇用を支えるため、新型コロナウイルス感染症対策への支援を140億ドルに増額

世界銀行と国際金融公社(IFC)の理事会は3月17日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行が金融・経済にもたらす影響を軽減するため、3月3日の発表から20憶ドル増額した140億ドルの対策支援パッケージを承認しました。本パッケージはこの増額により、国家の公衆衛生対策を強化するだけでなく、民間企業に迅速な支援を提供します。

プレスリリース:http://wrld.bg/FYVG30qqUoj



(2) MIGA、バングラデシュで三菱重工による肥料製造プラントの建設を支援

多数国間投資保証機関(MIGA)は、三菱重工などが肥料プラントを建設する国営バングラデシュ化学工業公社のゴロサール・プロジェクトにおいて、HSBCとMUFGに対して信用保証を提供したことを3月12日に発表しました。同プラントは国内での肥料生産をより低コストで実現し、同国として初めて二酸化炭素の貯留技術を導入します。農業世帯の収入増加はこれまで同国の貧困撲滅に大きく貢献しており、肥料製造能力の増強によりそのトレンドが維持されると期待されます。

プレスリリース: http://wrld.bg/kDH830qqlPq (英語)



(3) 日本人採用ミッション:上級社会開発専門官を募集中(3月27日締切)

世界銀行では、中東地域における社会開発に関連するプロジェクトに携わる上級社会開発専門官を募集しています。下記リンクの応募詳細をご覧ください。締め切りは3月27日(金)です。

詳細: http://wrld.bg/M9q730qqVSp



(4) 事前告知:2020年 世界銀行グループ日本人職員(日本政府が支援するジュニア・プロフェッショナル・オフィサー(JPO)とミッドキャリア(MC))募集

世界銀行グループは、2020年4月上旬から、日本政府が支援するジュニア・プロフェッショナル・オフィサー(JPO)とミッドキャリア(MC)ポジションの募集を開始します。今回募集されるポストの詳細と応募方法は、準備ができ次第、下記のページで公開します。

詳細: http://wrld.bg/zRjU30qprju



(5) ブログ:世界で最も貧しい国が持つ共通点

2019年の世界各国の貧困をみると、貧困率が最も高い43の国はすべて、脆弱性・紛争の影響下(FCS)か、サブサハラ・アフリカ地域かのどちらかで、3分の1以上の国は両方にあてはまります。ブログでご覧ください。

ブログ: http://wrld.bg/539K30qpqzu



(6) 主なニュース

■レソトにおける電力へのアクセス向上への支援
世界銀行は3月13日、レソトにおける持続可能な電力供給の確保を目的とした、国際開発協会(IDA)からの4,000万ドルを含む支援に署名しました。このプロジェクトにより、手頃な価格で信頼できる電力へのアクセスが向上し、農村部および都市近郊に住む人々の生活が改善される見込みです。

プレスリリース:http://wrld.bg/N9DZ30qqUq5(英語)


■公共調達:世界銀行が初のグローバル・データベースを発表
世界銀行は3月18日、調達分野における世界218の国や地域の法律、システム、実績に関するデータを集約したオンライン・データベースを発表しました。世界初となるこのデータベースは、透明性、説明責任、効率性の向上に加え、ベスト・プラクティスの共有にも役立ち、各国の社会開発や経済成長の加速に必要な公共調達改革の設計に貢献すると期待されています。

プレスリリース:http://wrld.bg/XY4S30qqUqc(英語)


■リベリア:世界銀行が包摂的成長を支援
世界銀行理事会は3月17日、リベリアに対する4,000万ドルの国際開発協会(IDA)プロジェクトを承認しました。公共セクターの透明性強化と経済・社会の包摂性促進により、持続可能な経済成長の達成を支援します。また、新型コロナウイルス感染症の流行による財政状況の悪化を和らげ、最脆弱層の強靭性を高めるために役立つと期待されます。

プレスリリース:http://wrld.bg/FGcv30qqUqg(英語)


■ラオス人民民主共和国:保健・栄養サービスへのアクセス改善に新規融資
世界銀行理事会は3月12日、保健・栄養サービスへのアクセスを向上するためのプロジェクトに対する2,300万ドルの支援を承認しました。母子死亡率や栄養不良が東アジア・大洋州地域でも特に深刻な中、サービスの質向上と普及拡大を図ることを目的としています。特に、母子保健、予防接種、結核・HIVの予防を含む公衆衛生プログラムの持続可能性を高め、北部地域における栄養不良の緩和に重点的に取り組みます。

プレスリリース: http://wrld.bg/44X830qqUqF (英語)


■ウズベキスタン:世界銀行が水・衛生セクターの改革とインフラ整備を支援
世界銀行理事会は3月12日、水・衛生インフラ支援プロジェクトに対し国際開発協会(IDA)の融資2億3,900万ドルを承認しました。大半のインフラについて、人口増加に伴うニーズ拡大に対応できるだけの修復、維持管理、拡張ができておらず、質が低下していました。同プロジェクトは国内3地域で50万人以上に恩恵をもたらす見込みです。

プレスリリース: http://wrld.bg/dG6C30qqVVA (英語)



*******************
世界銀行東京事務所
電話 03-3597-6650 FAX 03-3597-6695 http://bit.ly/ucIAmw
世界銀行東京事務所ツイッター https://twitter.com/WorldBankTokyo
世界銀行東京事務所フェイスブックページ https://www.facebook.com/WorldBankTokyo/
世界銀行東京事務所インスタグラム http://instagram.com/worldbanktokyo