【世界銀行東京事務所 Eニュース 611号 】2018年度世界銀行グループによる支援への需要は約640億ドルまで上昇、MIGA東京事務所長 応募締切:8月3日正午、他

世界銀行東京事務所 Eニュース 第611号 2018年7月30日 発行 http://bit.ly/tL300Q

******************************
<目次>
(1) 2018年度、世界銀行グループによる支援への需要は約640億ドルまで上昇
(2) 多数国投資保証機関(MIGA)東京事務所長募集 締切:8月3日正午
(3) MIGAの年間新規保証額、総保証残高ともに過去5年で倍増
(4) ヤング・プロフェッショナル・プログラム(YPP) 締切間近:7月31日
(5) セミナーのお知らせ
(6) 主なニュース
******************************

(1) 2018年度、世界銀行グループによる支援への需要は約640億ドルまで上昇

途上国に対する世界銀行グループの2018年度(2017年7月1日~2018年6月30日)のコミットメントは、人間開発と気候変動対策の資金、ならびにIDA支援が過去最高の伸びを記録し、640億ドル近くに達しました。特に教育、保健・栄養・人口、社会的保護、雇用など人間開発の分野に対する融資は、過去最高の74%の伸びとなりました。

プレスリリース: http://wrld.bg/Ompf30l8Nnt



(2) 多数国投資保証機関(MIGA)上級ビジネス・ディベロップメント・オフィサー(東京事務所長)募集 

多数国投資保証機関(MIGA)では、東京事務所長として、日本政府や民間企業との連携強化、日本企業の海外投資機会拡大を支援するためのアウトリーチ、プロジェクト発掘と準備、世界銀行や国際金融公社(IFC)との協調プロジェクト発掘に向けた連携を担当する職員を募集しております。応募方法や詳細なTORは以下のページをご覧ください。

募集締切:2018年8月3日(金)正午(日本時間)
詳細: http://wrld.bg/vUam30kUPsh



(3) MIGAの年間新規保証額、総保証残高ともに過去5年で倍増

世界銀行グループの多数国投資保証機関(MIGA)は、2018年度(2017年7月- 2018年6月)、過去最高となる53億ドルの保証を行いました。この保証により、800万人が電気を、140万人が電話を利用できるようになり、投資先の国の税収及び手数料収入が14億ドル増加する見込みです。

プレスリリース: http://wrld.bg/o0ee30l7HA0



(4) ヤング・プロフェッショナル・プログラム(YPP)応募締切:7月31日

現在、世界銀行ヤング・プロフェッショナル・プログラム(YPP)の応募を受付中です。YPPは若手専門家を対象としたグローバルな採用プログラムです。今年の応募条件は、誕生日が1986年10月1日以降であること、関連分野でのでの修士号と3年以上の実務経験、或いは博士号(博士課程の最終年でも応募可)を有すること等です。詳しくは以下リンクをご覧ください。

応募締切:7月31日
応募詳細: http://wrld.bg/UHLj30kti1K (英語)



(5) セミナーのお知らせ

■平和への道:暴力的紛争の予防のための包摂的アプローチ
世界銀行モーニングセミナー(第12回)

日時: 2018年7月31日(火)午前7時45分~午前8時45分
場所: 世界銀行東京事務所 http://ow.ly/Ok6kd
内容: 報告書「平和への道:暴力的紛争の予防のための包摂的アプローチ」(Pathways for Peace : Inclusive Approaches to Preventing Violent Conflict)の執筆チームを率いたアレクサンドル・マルク世界銀行紛争・暴力グループ チーフ・テクニカル・スペシャリストが、ワシントンよりテレビ会議で同報告書の主なポイントをご紹介し、皆様からのご質問にお答えします。
言語: 英語(日本語への通訳なし)
詳細・参加お申込み: http://wrld.bg/rGmK30kTGQ9


■国際金融公社(IFC)で働く~柳本恵伸
世界銀行グループ・キャリアセミナー

日時: 2018年8月2日(木)午後6時30分~午後8時
場所: 世界銀行東京事務所 http://ow.ly/Ok6kd
内容: 2012年にミッドキャリアで入社し、現在はIFC南アフリカ ヨハネスブルク事務所でアグリビジネスの投資担当者として活躍する柳本恵伸より、IFCの活動や自身の経歴をご紹介します。
言語: 日本語(英語への通訳なし)
詳細・参加お申込み: http://wrld.bg/nYFR30l2sBA


■世界銀行で働く~鈴木博明・元世界銀行主任都市専門官
世界銀行グループ・キャリアセミナー

日時: 2018年8月10日(金)午後6時40分~午後8時10分
場所: 世界銀行東京事務所 http://ow.ly/Ok6kd
内容: 海外経済協力基金(現JICA)と世界銀行で38年間に渡り、公共セクター改革、インフラストラクチャ―、都市開発の融資・分析業務に従事した経験を持つ鈴木博明・元世界銀行主任都市専門官が、世界銀行で担当した業務や、世界銀行はじめ国際協力分野でのキャリア構築にあたって準備すべきことなどについて、自身の経験談を中心にお話しします。
言語: 日本語(英語への通訳なし)
詳細・参加お申込み: http://wrld.bg/F4B830kRjDT



(6) 主なニュース

■先進国と途上国の物流の効率性に格差
世界銀行は24日、「物流と競争2018:グローバル経済の中の貿易・物流(仮題)」を発表し、貿易・物流の効率性について168カ国を対象にランク付けした「物流パフォーマンス指標(LPI)」を公開しました。指標によると、高所得国がランキング上位を占めているのに対し、開発途上国は後れを取っており、効率性に格差が残ると指摘しています。

プレスリリース: http://wrld.bg/9cvL30l8Nrk (英語)
報告書: http://wrld.bg/jmZS30l8PHS (英語、PDF)
インフォグラフィック: http://wrld.bg/V6tV30l8PI9 (英語)


■障害者支援に対する新しい取り組みを発表
世界銀行は24日、ロンドンにおいて「世界障害サミット(仮題)」を共催し、障害者への包摂的支援強化に向けた10の取り組みを発表しました。世界銀行が掲げる人的資本構築の一環として行われる本支援は、開発途上国における障害者の教育、保健医療へのアクセス、また雇用の際に生じる格差や差別を取り除くことを目的としています。

プレスリリース: http://wrld.bg/oecj30l8Nrs (英語)


■万人のためのエネルギー実現にむけて
世界の10億人が、まだ電力を利用できません。しかし、新たな技術の登場により状況は変わりつつあります。サブサハラ・アフリカでは、新たに電力アクセスを得る人の数が人口の増加を上回っています。世界銀行では、2030年までの万人のためのエネルギー達成に向け、ミニグリッドやオフグリッド発電の支援に力を入れています。動画でご覧ください。

特集: http://wrld.bg/9m3y30l8NrD (英語)



*******************
世界銀行東京事務所
電話 03-3597-6650 FAX 03-3597-6695 http://bit.ly/ucIAmw
世界銀行東京事務所ツイッター http://bit.ly/v4XlyH
世界銀行東京事務所フェイスブックページ http://on.fb.me/rWkJWi
世界銀行東京事務所インスタグラム http://instagram.com/worldbanktokyo