【世界銀行東京事務所 Eニュース 576号 】日本社会開発基金(JSDF)2016年度年次報告書発表、東京開発ラーニングセンター(TDLC)短期コンサルタント募集、他

世界銀行東京事務所 Eニュース 第576号 2017年9月15日 発行 http://bit.ly/tL300Q

******************************
<目次>
(1) 主なニュース
(2) 日本社会開発基金(JSDF)2016年度年次報告書発表
(3) 東京開発ラーニングセンター(TDLC)短期コンサルタント募集
(4) セミナーのお知らせ
******************************

(1) 主なニュース

■ブータン:水力発電セクターが左右するマクロ経済の動向
世界銀行は9月、経済報告書を発表し、2017年前期は堅実な経済成長とマクロ経済の安定が維持され、2018年に6.9%の成長が予測されると分析したうえで、水力発電プロジェクトの規模と重要性を考慮すると、建設の遅延が今後の経済成長に悪影響を及ぼす可能性があると指摘しました。

プレスリリース: http://wrld.bg/wGaQ30faAf4 (英語)


■アフリカ:水文気象サービスの近代化に向けた会合が開催
12日、アフリカ水文気象フォーラムが開催され、500名以上の政府関係者、官民セクター、市民社会、開発関連機関が参加しました。会合では、自然災害がGDPを10%から20%下落させ、経済開発を阻害するだけでなく、経済利益が失われる可能性が示され、水文気象サービスの改善は、サブサハラ・アフリカにおける自然災害に対する強靭性を構築するために不可欠だとしています。

プレスリリース: http://wrld.bg/HVQH30faAfY (英語)


■パレスチナ:最適な方法で、経済成長7%を実現
世界銀行は12日、最新の報告書の中で、中長期な対策を講じることで、新たな経済領域の創造、民間投資の動員、雇用の創出、生活水準の著しい改善が期待でき、年平均7%の経済成長を実現する可能性があるとしています。

プレスリリース: http://wrld.bg/ZxkZ30faAgI (英語)


■国際開発金融機関:2016年の気候変動対策への支援が増額
国際開発金融機関は、途上国における気候変動対策資金を2015年の250億ドルから2016年の274億ドルに増加させ、77%を気候変動緩和対策に、23%を気候変動適応対策に配分しています。2015年7月には、国際開発金融クラブと「気候緩和ファイナンス追跡における一般的原則」(仮称)について合意し、気候変動適応の融資に向けたアプローチを整合させたうえで支援を実施しています。

プレスリリース: http://wrld.bg/lsBQ30faAhs (英語)


■チャド:国家開発計画の施行に11億ドルを支援
世界銀行グループは8日、今後3年におけるチャドの国家開発計画の施行に対し、11億ドルの支援を表明しました。国際開発協会(IDA)の10億ドル、国際金融公社(IFC)の1億ドルから構成され、公的資金管理と予算執行の改善、石油セクターの透明性の強化、農産物、家畜生産のセクターの生産性の向上、貧困・脆弱層に対する社会的保護の推進が含まれています。

プレスリリース: http://wrld.bg/zPYk30faAhY (英語)


■南アジア:栄養改善に向け、知見を共有
慢性的栄養不良の人口は、1990年以降半減しましたが、特定の国では依然として重大な課題です。世界銀行が支援する南アジア食料と栄養安全保障イニシアティブは、9月初旬に栄養改善に向けた会議を開催し、140名の政府関係者、市民組織、国際ドナーが栄養プログラムの設計と実施に関する経験を共有しました。

特集: http://wrld.bg/2Ekq30faAiz (英語)



(2) 日本社会開発基金(JSDF)2016年度年次報告書発表

日本社会開発基金(JSDF)は、途上国の貧困状態にある人々、社会的に最も弱い立場におかれている人々のニーズに直接対応し、持続可能な活動へと発展する可能性の高い社会プログラムを通して、これらの人々の能力を強化し、開発プロセスへの参加を促進するためにグラントを提供しています。2016年度は70件のプロジェクトに資金を提供しています。分野別、国別の成果について年次報告書でご覧ください。

報告書: http://wrld.bg/YVg230faRoi (PDF)



(3) 東京開発ラーニングセンター(TDLC)短期コンサルタント募集

世界銀行東京開発ラーニングセンター(TDLC)では、以下の短期コンサルタントを募集 しております。勤務地は東京、応募締切は11月1日です。

■トランザクションプロセッサー
■イベントコーディネーター
■プログラムアシスタント

詳細・応募: http://wrld.bg/5qJf30faRZx



(4) セミナーのお知らせ

■「国際金融公社(IFC)で働く~加納裕二 プリンシパル・インベストメント・オフィサー」
世界銀行グループキャリアセミナー

日時:2017年9月19日(火)午後6時30分から午後8時
場所:世界銀行東京事務所 http://ow.ly/Ok6kd
内容:加納裕二アジア・インフラストラクチャー局プリンシパル・インベストメント・オフィサーから、IFCの役割、民間インフラプロジェクトへの投融資といった現在の業務や入社までのキャリアについてご紹介し、ソフィア・チョウ上級人事ビジネスパートナーから、IFCの採用プログラムをご説明します。
言語:日本語
詳細・参加お申込み: http://wrld.bg/grMH30f0e3o


■「一次産品市場の見通し:スーパ―サイクルは終焉したのか」
農林水産政策研究所、世界銀行 共催セミナー

日時:2017年9月20日(水)午後4時30分から午後6時
場所:世界銀行東京事務所 http://ow.ly/Ok6kd
内容:ジョン・バフェス世界銀行開発経済総局(DEC)開発見通しグループ上級農業エコノミストが、一次産品市場を取り巻く情勢や今後の見通しについて概観し、世界経済動向と一次産品市場のリンケージや、さらに世界経済と一次産品市場の将来展望とそれに対する各国政府の役割についてご説明します。
言語:英語・日本語(同時通訳付)
詳細・参加お申込み: http://wrld.bg/3AB630f0dZF


■「スマートな都市開発会議:データに基づいた手法で都市の競争力、快適性、持続性の向上を目指す」
世界銀行東京開発ラーニングセンター(TDLC)主催

日時:2017年10月26日(木)午前9時から午後6時
場所:横浜インターコンチネンタルホテル ボールルーム
内容:開発機関や民間セクターから専門家をパネリストとして迎え、世界の都市の開発計画や実施におけるスマートソリューションやデータの実用化について議論を行います。本会合には、開発機関、民間セクター、公共セクター、学術機関より様々なステークホルダーが参加する予定です。
言語:英語・日本語(同時通訳付)
詳細・参加お申込み: https://form.jotform.me/TDLC/wbscc


*******************
世界銀行東京事務所
電話 03-3597-6650 FAX 03-3597-6695 http://bit.ly/ucIAmw
世界銀行東京事務所ツイッター http://bit.ly/v4XlyH
世界銀行東京事務所フェイスブックページ http://on.fb.me/rWkJWi
世界銀行東京事務所インスタグラム http://instagram.com/worldbanktokyo