Eニュース

【世界銀行東京事務所 Eニュース 642号 】第99回世界銀行・IMF合同開発委員会コミュニケ、他

世界銀行東京事務所 Eニュース 第642号 2019年4月19日 発行 http://bit.ly/tL300Q

******************************
<目次>
(1) 第99回世界銀行・IMF合同開発委員会コミュニケ
(2) 世界銀行のかつてないほど緊急な使命
(3) 世界銀行グループ、脆弱性・紛争・暴力戦略策定に向けたグローバルなコンサルテーションを開始
(4) セミナーのお知らせ
(5) 主なニュース
******************************

(1) 第99回世界銀行・IMF合同開発委員会コミュニケ

4月13日にワシントンDCで開催された世界銀行・IMF合同開発委員会は、デイビッド・マルパス氏が世銀グループ総裁として選出されたことを歓迎するとともに、世界銀行グループのグローバルな開発課題に向けた取り組みについての一層の強化が促されました。
 
第99回世銀・IMF合同開発委員会コミュニケ
英語: http://wrld.bg/NewF30osc59
日本語(ポイント、財務省): http://ow.ly/y87W30oqC3X



(2) 世界銀行のかつてないほど緊急な使命

189加盟国を代表する世界銀行・IMF合同開発委員会は、貧困の削減と繁栄の共有の促進という世銀グループの二大目標、並びに2030年までの方向性の指針となる包括的戦略を支援することを強調し、世銀グループが財政的に持続可能な効率化を目指しながら、より効果的に開発効果を達成するために、1年前に承認した国際復興開発銀行(IBRD)と国際金融公社(IFC)の増資に関連する世銀グループの一連の改革の進展を確認しました。
 
特集:http://wrld.bg/TDkz30osc4z



(3) 世界銀行グループ、脆弱性・紛争・暴力戦略策定に向けたグローバルなコンサルテーションを開始

世界銀行グループは4月16日、脆弱性・紛争・暴力(FCV)に関する初の戦略策定作業にあたり、グローバルなコンサルテーションを開始すると発表しました。コンサルテーションは2019年4月から6月にかけて、世界6地域全てを網羅し計30カ国以上で実施され、同戦略は11月に完成の予定です。

プレスリリース:http://wrld.bg/HGC730otvv5



(4) セミナーのお知らせ

■女性・ビジネス・法律2019
世界銀行モーニングセミナー(第34回)

日時:2019年4月25日(木)午前7時45分~午前8時45分
場所:世界銀行東京事務所 http://ow.ly/Ok6kd
内容:世界銀行「女性・ビジネス・法律」プロジェクトにより「女性・ビジネス・法律2019」が2月27日に発表されました。
本セミナーでは、同プロジェクトを統括するサラ・イクバル世界銀行開発経済総局(DEC)指標開発プログラムマネージャーが、テレビ会議でワシントンより同報告書の主なポイントをご紹介し、皆様からのご質問にお答えします。
詳細・お申込み:http://wrld.bg/s8BR30ojNwn


■東アジア・大洋州地域 半期経済報告書:逆風に立ち向かう
世界銀行ランチタイムブリーフィング(第3回)

日時:2019年4月26日(金)午後12時15分~午後1時15分
場所:世界銀行東京事務所 http://ow.ly/Ok6kd
内容: 4月24日発表予定の「東アジア・大洋州地域 半期経済報告書:逆風に立ち向かう」(East Asia Pacific Economic Update: Managing Headwinds)の主なポイントを、アンドリュー・メイソン世界銀行東アジア・大洋州地域担当リードエコノミスト(チーフエコノミスト代行)がヤンゴンよりテレビ会議にてご紹介し、皆様のご質問にお答えします。
詳細・お申込み:http://wrld.bg/JA2P30osTIv


■一次産品市場の見通し2019年4月版
世界銀行モーニングセミナー(第35回)

日時:2019年5月7日(火)午前7時45分~午前8時45分
場所:世界銀行東京事務所 http://ow.ly/Ok6kd
内容:報告書「一次産品市場の見通し」(Commodity Markets Outlook)を含め、世界銀行の一次産品価格・市場に関する分析のとりまとめを担当するジョン・バフェス世界銀行マクロ経済・貿易・投資グローバルプラクティス見通しグループ上級農業エコノミストが、ワシントンよりテレビ会議で、4月23日発表予定の同報告書最新版の主なポイントをご紹介し、皆様からのご質問にお答えします。
詳細・お申込み:http://wrld.bg/KH9m30ojNIp


■将来を見据えた包容力のあるまちづくり~Visionary Cities, Inclusive Cities
国際シンポジウム

日時:2019年5月20日(月)午後1時~午後5時
場所:世界銀行東京事務所 http://ow.ly/Ok6kd
内容:2019年、日本がG20の議長国となることを受け、東京都は、世界の主要都市が一堂に会するUrban 20(U20)メイヤーズ・サミットを主催します。世界銀行東京開発ラーニングセンター(TDLC)は、U20のサイドイベントとして、日本政府と東京都の協力を受け、国際シンポジウム「将来を見据えた包容力のあるまちづくり~Visionary Cities, Inclusive Cities」を開催致します。本シンポジウムでは、世界中の多くの都市の首超級が東京に一堂に会する貴重な機会を利用して、U20メイヤーズ・サミットのテーマの一つとなる予定の社会包摂性に焦点を置き、市民一般の皆さまと社会包摂性について考えてまいります。
プログラムの詳細、お申込みページは後日になります。



(5) 主なニュース

■エジプト:女性と青少年のために雇用機会を創出
世界銀行は4月17日、エジプトの若者と女性により多くの機会を生み出すことを目的とした、2億ドルの新たな支援を発表しました。このプロジェクトは、中小企業に対する資金へのアクセス提供と融資額拡大を図り、若者や女性の起業における成功を後押しします。これまでに約30万人の雇用が創出され、約7万人の女性と5万6 ,000人の若者が受益しました。

プレスリリース: http://wrld.bg/ggvG30osOAK (英語)


■ウガンダ:難民と受入コミュニティを支援
世界銀行理事会は4月17日、国際開発協会(IDA)第18次増資 の難民サブウィンドウを通じた1億5,000万ドルの追加融資を承認しました。この援助により、アフリカ地域最大の難民受入国であるウガンダで暮らす約120万人の難民および保護希望者と、難民を受入れる同国内のコミュニティ双方への支援が後押しされます。

プレスリリース: http://wrld.bg/VQ5W30osOAR (英語)


■食品システムにおけるブロックチェーン
米国の調査によると、食糧への支出額は1959年から2014年にかけて30%増加していますが、食品の産地や品質を把握することは困難を極めます。ブロックチェーンのようなデジタル台帳は、製品の品質に関する情報を顧客に直接送信するため、消費者は農家が提供した情報を製品の品質として確認することが可能になります。世界最大の市場である食品部門のデジタル化について、ブログでご覧ください。

ブログ: http://wrld.bg/5ePD30otvOb (英語)


■構造転換で都市を繁栄のエンジンに
2050年までに、都市の人口は現在の規模の2倍になり、世界の人口の70%近くが都市部に居住するだろうと予測されています。多くの人にとって、都市はより良い仕事や教育を提供する希望に満ちた空間ですが、新しい調査では、都市間の複雑な相互作用、その周辺の農村地帯、および構造転換が都市を繁栄の原動力にできるかどうかを考察しています。

特集: http://wrld.bg/mdFG30otvPT (英語)


*******************
世界銀行東京事務所
電話 03-3597-6650 FAX 03-3597-6695 http://bit.ly/ucIAmw
世界銀行東京事務所ツイッター https://twitter.com/WorldBankTokyo
世界銀行東京事務所フェイスブックページ https://www.facebook.com/WorldBankTokyo/
世界銀行東京事務所インスタグラム http://instagram.com/worldbanktokyo