Eニュース

【世界銀行東京事務所 Eニュース 629号 】世界銀行グループ、気候変動への適応と強靭化に5年間で500億ドルの支援を発表、他

世界銀行東京事務所 Eニュース 第629号 2019年1月18日 発行 http://bit.ly/tL300Q

******************************
<目次>
(1) 世界銀行グループ、気候変動への適応と強靭化に5年間で500億ドルの支援を発表
(2) 世界銀行グループ採用プログラム情報(事前告知)
(3) セミナーのお知らせ
(4) 主なニュース
******************************

(1) 世界銀行グループ、気候変動への適応と強靭化に5年間で500億ドルの支援を発表

世界銀行グループは15日、気候変動への適応策のための直接的資金支援を2021~25年度の期間に500億ドルまで増やすことを掲げた「気候変動への適応と強靭化に関する行動計画」を発表しました。同計画は、昨年12月にポーランドで開催された国連気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)の場で世界銀行グループが発表した「気候変動対策強化のための2025目標」の一部です。

プレスリリース: http://wrld.bg/AmbG30nmeKI
気候変動への適応と強靭化に関する行動計画:http://wrld.bg/CL2c30nmeN8 (英語、PDF)



(2) 世界銀行グループ採用プログラム情報(事前告知)

世界銀行グループは、日本人を対象とした複数の採用プログラムの募集を2月に開始する予定です。ポジションの詳細や日程などは、近日中に東京事務所ウェブサイトに掲載いたします。是非ご覧ください。



(3) セミナーのお知らせ

■知らないと知られていることからブラックスワンへ:ラテンアメリカ・カリブ海地域のリスクをどう管理するか
世界銀行モーニングセミナー(第23回)

日時:2019年1月24日(木)午前7時45分~8時45分
場所:世界銀行東京事務所 http://ow.ly/Ok6kd
内容:ラテンアメリカ・カリブ海地域総局が10月5日に発表した、地域内の経済概況と展望をまとめた半期経済報告「知らないと知られていることからブラックスワンへ:ラテンアメリカ・カリブ海地域のリスクをどう管理するか」(From Known Unknown to Black Swans: How to Manage Risk in Latin America and the Caribbean) の執筆チームのダニエル・リエラ―クライトン世界銀行ラテンアメリカ・カリブ海地域総局チーフエコノミスト室リサーチエコノミストが、テレビ会議でワシントンより同報告書の主なポイントをご紹介し、皆様からのご質問にお答えします。
詳細・お申込み:http://wrld.bg/wOZS30nfUUP


■開発のための情報・コミュニケーション2018:データ主導型開発
世界銀行モーニングセミナー(第24回)

日時:2019年1月29日(火)午前7時45分~8時45分
場所:世界銀行東京事務所 http://ow.ly/Ok6kd
内容:データ主導型開発をテーマに、より良い情報がより良い政策を生み出すという点にフォーカスを当て、途上国の民間企業や政府が保有する様々なデータをサービスデリバリーや意思決定に活用する方法や、個人データを個人がよりコントロールできるよう人々に対するエンパワーメントについて検討した報告書「開発のための情報・コミュニケーション2018:データ主導型開発」(Information and Communications for Development 2018: Data-Driven Development)の執筆編集チームを主導したティム・ケリー 世界銀行ナイロビ事務所主任ICT政策専門官が、ワシントンよりテレビ会議で同報告書の主なポイントをご紹介し、皆様からのご質問にお答えします。
詳細・お申込み:http://wrld.bg/OHe030nfUWe


■貧困と繁栄の共有2018:貧困パズルを組み立てる
世界銀行モーニングセミナー(第25回)

日時:2019年2月6日(水)午前7時45分~8時45分
場所:世界銀行東京事務所 http://ow.ly/Ok6kd
内容:2018年10月発表の報告書「貧困と繁栄の共有2018:貧困パズルを組み立てる」(Poverty and Shared Prosperity 2018: Piecing Together the Poverty Puzzle)の執筆チームを主導したディーン・ジョリフ世界銀行開発経済総局(DEC)開発データグループ主任エコノミストが、ワシントンよりテレビ会議で同報告書の主なポイントをご紹介し、皆様からのご質問にお答えします。
詳細・お申込み:http://wrld.bg/eFGl30nmeov 


■開発と気候変動対策のための財政政策
世界銀行モーニングセミナー(第26回)

日時:2019年2月12日(火)午前7時45分~8時45分
場所:世界銀行東京事務所 http://ow.ly/Ok6kd
内容:新報告書「開発と気候変動対策のための財政政策」(Fiscal Policies for Development and Climate Action) の編者として執筆担当チームを主導したミリア・ピガート世界銀行マクロ経済・貿易・投資グローバルプラクティス主任エコノミスト兼気候変動リードが、ワシントンよりテレビ会議で新報告書の主なポイントをご紹介し、皆様からのご質問にお答えします。
詳細・お申込み:http://wrld.bg/LU6f30nmeET



(4) 主なニュース

■ギニア:若者のイノベーションと起業家精神を促進
ギニアでは学位を持っている若者の60%以上が失業していると推定されています。世界銀行からの2,000万ドルの資金を受けたステッピング・アップ・スキルズ・プロジェクトは、起業の夢を持つビジネスプランコンテストの受賞者に農業、保健、エネルギーなどの分野でのスキルを育成・獲得するプログラムを通して、ギニアの若者の雇用可能性と雇用の成果を促進させることを目指しています。これまでに1万8,000人の職業訓練生および2,800人を超える高学歴の失業者を含む2万人以上が、このプロジェクトの恩恵を受けています。

特集:http://wrld.bg/q0oK30nmfju (英語)


■ジンバブエ:妊婦のための無料保健サービス利用改善プログラム
ジンバブエの農村部では25ドルの登録料を払う余裕がないという理由で、多くの妊娠中の女性が定期的に診察を受けることができませんでした。世界銀行マルチドナーのグローバル・ファイナンシング・ファシリティ(GFF)が資金援助するアーバン・バウチャー・プログラム(UVP)は、世帯の下層部40%の母親を対象としており、無料の保健サービスの利用と介助出産を促進しています。

特集:http://wrld.bg/T16d30nmfoI (英語) 


■リベリア:民間セクター投資による生産性向上と商業化促進のための新しい農業プロジェクト
世界銀行理事会は15日、リベリアの農業変革とアグリビジネスの活性化を目的としたプロジェクトに2,500万ドルの国際開発協会(IDA)融資を承認しました。このプロジェクトの1万7,500人の小規模農家(うち30%が女性農民)直接受益者には、生産性の向上と生産品販売のための市場へのアクセス改善による収入の増加が見込まれます。

プレスリリース: http://wrld.bg/824D30nmgmF (英語)


■インド:シムラー市の水不足を解消
世界銀行理事会は16日、シムラー市地域の水供給と衛生サービスの改善を目的とした4,000万ドルの融資を承認しました。世界銀行はヒマーチャル・プラデーシュ州政府を通じ、過去数年にわたり深刻な水不足と水系感染症の流行を経験してきた同地域の市民に、衛生で信頼できる飲料水を提供できるよう支援します。

プレスリリース:http://wrld.bg/r6tV30nmbWe (英語)


■アフリカの科学者によるアフリカへの取組み
世界銀行アフリカン・センター・オブ・エクセレンス・プロジェクトは、化学工学、農学、科学、技術などの需要が高い分野で学位を持っている若者を訓練し、アフリカ経済を後押しし、雇用を創出し、基幹的な研究を支援しています。同センターは、2014 年に国際開発協会(IDA)から1億6,500万ドルの融資を受け、ベナン 、ブルキナファソ、カメルーン、コートジボワール、ガンビア、ガーナ、ナイジェリア、セネガル 、トーゴがアフリカの開発の加速に必要なスキルを向上させるために設立されました。

特集:http://wrld.bg/yOUq30nmhFR (英語)



*******************
世界銀行東京事務所
電話 03-3597-6650 FAX 03-3597-6695 http://bit.ly/ucIAmw
世界銀行東京事務所ツイッター http://bit.ly/v4XlyH
世界銀行東京事務所フェイスブックページ http://on.fb.me/rWkJWi
世界銀行東京事務所インスタグラム http://instagram.com/worldbanktokyo