【世界銀行東京事務所 Eニュース 590号 】「地震ボンド」で世界最大のソブリンリスク保険提供者としての地位を確立、他

世界銀行東京事務所 Eニュース 第590号 2018年2月9日 発行 http://bit.ly/tL300Q

******************************
<目次>
(1) 「地震ボンド」で世界最大のソブリンリスク保険提供者としての地位を確立
(2) 世界銀行・IFCリクルートミッション募集中
(3) 主なニュース
(4) 世界銀行東京開発ラーニングセンター(TDLC)活動報告
(5) セミナーのお知らせ
******************************

(1) 「地震ボンド」で世界最大のソブリンリスク保険提供者としての地位を確立

世界銀行は、自然災害に対するリスク管理において、太平洋同盟国のすべての加盟国であるチリ、コロンビア、メキシコ、ペルーを支援する広範な活動の一環として、「地震ボンド」を発行しました。 本債券の組成はAON証券、スイス・リー社が行い、共同主幹事には両社とシティーグループ証券の三社が指名されました。自然災害リスク解析及び損失計算にはAIR Worldwide社のモデルが採用されました。

プレスリリース(概要): http://wrld.bg/e3Dq30iitrU



(2) 2018年 世界銀行・IFCリクルートミッション募集中

世界銀行と国際金融公社(IFC)では、現在日本人職員を採用するためのリクルートミッションの募集を行っております。
募集する各ポジションは2~3年の任期で、その後、勤務評価に基づき契約更新が可能です。採用の詳細や日程、応募方法などは以下のリンクからご覧いただけます。エントリー締切は2月26日です。

詳細:http://wrld.bg/NaCg30hq7Pg



(3) 主なニュース

■イラク:貧困層150万世帯の生活改善と雇用創出に3億ドルを支援
世界銀行理事会は6日、コミュニティレベルでの基本サービスのアクセスや雇用創出を目的とした3億ドルの支援を承認しました。この支援により、教育、保健、水、小規模経済インフラおよびマーケットへのアクセス開発が可能となり、150万以上の貧困世帯の生活改善が見込まれます。

プレスリリース: http://wrld.bg/PBKe30iiknY (英語)


■リベリア:ガバナンス強化と経済改革促進を目的とした2,467万ドルの支援に合意
世界銀行とリベリア政府は2日、リベリア第 四 次貧困削減開発政策に対する2,467万ドルの支援に合意しました。この支援には、国際開発協会(IDA)を通じた2,000万ドルの支援が含まれており、透明性と信頼性強化のためのガバナンス改革、電力セクター、土地管理に焦点を当てた経済改革、保健セクターにおける人材の有効活用による人的資本開発が期待されます。

プレスリリース: http://wrld.bg/iuXM30iikom (英語)


■コートジボワール:経済の近代化には労働者の技術力向上が必要
世界銀行は8日、コートジボワール経済報告を発表し、象牙海岸における好調な業績を評価しつつも、一方では民間セクターの参入増加と、特に教育と保健分野における公的な財政管理の改善が急務であると指摘しました。また、国内の労働者の技術力を向上させ経済成長に結びつけることが、同国の経済の近代化において重要であるとしています。

プレスリリース: http://wrld.bg/dpgf30iikoy (英語)


■ハイチ:都市の強靭化に投資するべき理由
都市部での急速な人口増加が進みつつあるハイチ共和国では、都市化の課題を抱えながらも、極度の貧困層の減少や都市サービスの改善が進んでいます。世界銀行は新報告書の中で、市民や地域社会参加型の効果的な政策と投資が持続可能な都市開発と都市の強靭化構築の鍵となると指摘しています。

特集: http://wrld.bg/oajB30iikp2 (英語)



(4) 世界銀行東京開発ラーニングセンター(TDLC)活動報告

■北九州市で8カ国の研修生を対象に都市開発管理に関する研修を実施
2018年1月17日、北九州市-TDLCは、北九州市国際協力機構(JICA)にて8カ国(アルゼンチン、エクアドル、コロンビア、チリ、二カラグア、ボリビア、パラグアイ、ペルー)の参加者を対象に持続可能な都市開発管理に関する研修を行いました。世界銀行TDLCの都市管理に関する実務者研修会合の実施、調査研究および融資案件支援業務などの説明を行いました。

詳細: http://www.jointokyo.org/ja/news/story/UM_Training_Course


■知識と経験共有に向けたワークショップの実施:より良い知見共有を行うために
2018年1月18日、神戸市-日本には、開発途上国が必要とする知識と経験が数多く存在します。このような知見を効率良く効果的に途上国の実務者に共有するため、TDLCは様々な取り組みを行っています。

詳細: http://www.jointokyo.org/ja/news/story/tdlcs_art_of_knowledge_workshop_in_kobe


■第9回「北九州市環境産業推進会議」講演、「発展途上国における開発プロジェクト情報セミナー」の開催について
2018年2月5-6日、北九州市とTDLCは、2017年3月に都市パートナーシッププログラム(CPP)にかかる覚書を締結した北九州市と共に、世界銀行の途上国における開発プロジェクト情報や「廃棄物管理と洪水リスク管理」に関する講演およびセミナーを行いました。

詳細: http://www.jointokyo.org/ja/news/story/ProgramAwarenessSeminar



(5) セミナーのお知らせ

■「東アジア・大洋州地域の現況・展望とビジネス機会」
世界銀行ビジネスセミナー

日時: 2018年2月14日(水)午後4時30分から午後6時30分
場所: 世界銀行東京事務所 http://ow.ly/Ok6kd
内容: ヴィクトリア・クワクワ東アジア・大洋州地域担当副総裁、エレン・ゴールドスタイン ミャンマー・カンボジア・ラオス担当局長、バート・ホフマン中国・モンゴル担当局長、ウスマン・ディオン ベトナム担当局長の来日の機会を捉え、東アジア・大洋州地域の今後の展望、世界銀行の活動状況についてご紹介するビジネスセミナーを開催します。
言語: 英語・日本語(同時通訳付)
詳細・参加お申込み: http://wrld.bg/qzrk30iixDr


■<ニューヨーク開催>「国際金融公社(IFC)で働く」
世界銀行グループ・キャリアセミナー

日時: 2018年2月22日(木)午後5時30分から午後7時30分
場所: 在ニューヨーク日本国総領事館 ※登録の完了された方に詳細を送付します。
内容: 現在募集中の日本人採用リクルートミッションを機会として、IFCから豊田牧子・国際貿易金融プログラムマネージャー代行と貝塚由美子・人事部上級HRビジネスパートナーが、IFCの業務内容をはじめ、ミッション概要、選考プロセス等をご紹介します。
言語:日本語
詳細・参加お申込み: http://wrld.bg/Wfap30iixYJ (PDF)



*******************
世界銀行東京事務所
電話 03-3597-6650 FAX 03-3597-6695 http://bit.ly/ucIAmw
世界銀行東京事務所ツイッター http://bit.ly/v4XlyH
世界銀行東京事務所フェイスブックページ http://on.fb.me/rWkJWi
世界銀行東京事務所インスタグラム http://instagram.com/worldbanktokyo