【世界銀行東京事務所 Eニュース 599号】 国際開発協会(IDA)が資本市場にデビュー 米国ドル建大型公募債15億ドルを発行、世界銀行 日本人職員(日本政府が支援するJPOとミッドキャリア)募集 締切間近、他

世界銀行東京事務所 Eニュース 第599号 2018年4月20日 発行 http://bit.ly/tL300Q

******************************
<目次>
(1) 国際開発協会(IDA)が資本市場にデビュー、米国ドル建大型公募債15億ドルを発行
(2) 世界銀行グループ・GPIF共同研究報告書発表
(3)「グローバル・フィンデックス・データベース2017」最新版発表
(4) アフリカ地域経済報告:経済成長に回復は見られるがペースは緩やか
(5) 南アジア経済報告:インドの回復により成長率で再び世界の首位に 但し雇用はなおも不足
(6) 世界銀行 日本人職員(日本政府が支援するJPOとミッドキャリア)募集 締切間近
******************************

(1) 国際開発協会(IDA)が資本市場にデビュー、米国ドル建大型公募債15億ドルを発行

国際開発協会 (IDA)は、資本市場で初のベンチマーク債を発行し、世界各国の投資家から総額15億ドルの資金を調達しました。この債券発行によりIDAは、地球規模の課題に取り組み、数百万もの人々を貧困から救い出す活動に資本市場の力を活用することが可能となりました。

プレスリリース: http://wrld.bg/YivS30jxTqr



(2) 世界銀行グループ・GPIF共同研究報告書発表

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)と世界銀行グループは、ワシントンDCで開催中の世界銀行グループの春季会合において報告書「債券投資への環境・社会・ガバナンス(ESG)要素の統合」を発表しました。同報告書は、ESGの要素を債券投資の運用プロセスに統合することが、リスク管理の強化につながり、より安定した投資リターンに貢献し得ると指摘しています。春季会合中に開催されたキム総裁や水野弘道GPIF理事らによる議論のライブ録画もご覧いただけます。

プレスリリース/エグゼクティブ・サマリー: http://wrld.bg/6vXr30jAhrL
報告書: http://wrld.bg/cgh030jApQb (英語)
世界銀行ライブ録画: http://wrld.bg/PMHU30jApRc (英語)



(3)「グローバル・フィンデックス・データベース2017」最新版発表

2014年以降、世界全体で銀行口座またはモバイル口座を開設した成人の数は、5億1,500万人に上り、金融包摂は携帯電話とインターネットの普及に後押しされ世界的に進んでいると指摘しました。しかし、国によりその進展にばらつきがあり、男性の金融口座の所有率が女性を上回るなど、格差は依然として残っています。

プレスリリース: http://wrld.bg/jbip30jApTY
報告書ダウンロード: http://wrld.bg/H99g30jAq4T (英語、PDF)



(4) アフリカ地域経済報告:経済成長に回復は見られるがペースは緩やか

サブサハラ・アフリカ地域の成長率は、2018年は3.1%、2019~20年は平均3.6%になる、と半期に一度アフリカ経済の動向を分析する世界銀行の報告「アフリカの鼓動」の最新版は予測しています。また、同報告では、電力の供給の加速にイノベーションが果たす役割と、包摂的な経済成長と貧困削減の達成に向けたインパクトについて特集しており、電力セクターの規制や電力公共事業社の運営の改善が、引き続き成功の鍵となるとしています。

プレスリリース: http://wrld.bg/RFVL30jz46o
報告書: http://wrld.bg/YCle30jz2no (英語)



(5) 南アジア経済報告:インドの回復により成長率で再び世界の首位に 但し雇用はなおも不足

世界銀行は、「南アジア経済報告(South Asia Economic Focus (SAEF))」の最新版「雇用なき成長は可能か?」を15日に発表しました。南アジア地域は、インドの景気回復に支えられ、成長率で世界の首位へと返り咲き、適切な政策と改革を組み合わせて実行することにより、成長率は2018年に6.9%、翌年には7.1%へと加速すると見られます。しかし成長だけでは就労率の向上には不十分であり、経済成長のあらゆる段階におけるより多くの雇用創出が必要と報告書は指摘します。

プレスリリース: http://wrld.bg/68Kd30jvlMr
報告書: http://wrld.bg/5DHz30jvlN4 (英語)



(6) 世界銀行 日本人職員(日本政府が支援するJPOとミッドキャリア)募集 締切間近

世界銀行グループは、日本政府が支援するジュニア・プロフェッショナル・オフィサー(JPO)とミッドキャリア(MC)ポジションの募集を行っています。応募締切日は、2018年5月1日(火)です。エントリー通過者にのみ指定の応募書類が送られますのでお早目にエントリーをお済ませください。

詳細: http://wrld.bg/bydG30j6ZMz



*******************
世界銀行東京事務所
電話 03-3597-6650 FAX 03-3597-6695 http://bit.ly/ucIAmw
世界銀行東京事務所ツイッター http://bit.ly/v4XlyH
世界銀行東京事務所フェイスブックページ http://on.fb.me/rWkJWi
世界銀行東京事務所インスタグラム http://instagram.com/worldbanktokyo