持続可能な開発を支える投資

持続可能な開発を支える投資

(英語 PDF形式)


<世銀債ビデオ:英語>
途上国の持続可能な開発を支える投資

 

 

 

世銀債:持続可能な開発を支える投資

世銀債は発展途上国へのプロジェクト貸出を支える最も重要な資金源です。世界各国での資本市場での起債により、世界銀行は発展途上国への貸出を続けることができるのです。世界銀行の貸出は医療、教育、ジェンダー、環境、地球温暖化等、多岐に渡ります。

利回りと社会的貢献という二つのリターンを実現する世銀債

世界銀行は環境にやさしい技術や低二酸化炭素技術といった地球温暖化問題の解決に貢献する世銀債の発行を行っています。「グリーンボンド」は特定分野のプロジェクト貸出を支える資金調達を実現した最初の世銀債です。

途上国の持続可能な開発を支える投資

近年、世界銀行は年間250-350億ドル規模の世銀債を世界各国の資本市場で発行しています。環境問題に配慮しつつ、世界の貧困削減を目指す世界銀行の発行する債券は、社会的責任投資を重要視する投資家にとっては理想的な投資対象となっています。