2011年は世界銀行が日本で初めて起債して40周年

Euromoney Environmental Finance Handbook Cover Image

''世界銀行-日本で初めて起債して40周年"
(英語、2.13 MB pdf)
翻訳版

From The Euromoney International Debt Capital Markets Handbook 2012


2011年は、世界銀行が初めて日本で世銀債を発行してから40周年になります。1971年6月に発行された世銀債は初の本格的な公募型のサムライ債となり、金額も110億円と当時としては大型の起債となりました。この世銀債は日本と世界銀行の関係において、重要な転換点を象徴するものとなりました。

日本が世界銀行に加盟したのは1952年でした。以降、1950年代から1960年代にかけて日本は第二次大戦後の復興を驚くべきスピードで実現します。世界銀行はこの間、数々の貸出を日本国政府に対して実行し、その資金は日本の経済復興を支えた数々のプロジェクトに活用されたのです。最終的には31件、総額8億5千万ドルもの貸出が行われました。まず50年代には火力発電向けの案件に充当され、エネルギーが確保された段階で、製鉄・造船・自動車、といった重工業分野への貸出にシフトしていきました。生産の急速な拡大により、エネルギー供給力の増強が必要となり、水力発電を中心に第二次電力産業向け貸出が実行されました。生産の更なる拡大により、今度は物流のためのインフラが未整備だったことによる不良在庫の増加が見られるようになりました。これを受けて、後半の世界銀行の貸出は物流インフラ向けのプロジェクトに充当されました。日本初の高速道路となった名神高速道路や東名高速、そして東海道新幹線にも世界銀行の貸出資金が活用されました。

世界銀行から日本への最後の貸出契約は1966年に締結されました。そのわずか5年後の1971年には日本は、世界銀行から資金を借りる側から、世界銀行に資金を貸し出す側に転身を遂げたのです。日本の資本市場は、飛躍的な発展を遂げ、今や世界銀行にとって最も重要な資金調達市場の一つとなっています。これまでの40年間に、総額1,500億ドルにも達する巨額の世銀債が日本の機関投資家ならびに個人投資家に販売されました。

前のページに戻る

関連リンク


世界債40周年記念式典ビデオ

世銀債40年の軌跡

世界銀行-日本で初めて起債して40周年」 ユーロマネー誌 翻訳版 

 

日本の31のプロジェクトについて

世界銀行と東海道新幹線

Shinkansen 1961年、世界銀行は東海道新幹線の建設プロジェクトに対して貸出を行いました。