南アジア地域

WB_AR2009_photoimage
WB_AR2009_Map SouthAsia

  • アフガニスタン
  • バングラデシュ
  • ブータン
  • インド
  • モルディブ
  • ネパール
  • パキスタン
  • スリランカ

南アジアは過去10年近くにわたって力強い経済成長を遂げており、2000年以降の平均成長率は6%でした。この堅調な成長は、貧困削減や、人間開発分野の目覚しい進展をもたらしました。しかしながら、世界経済の減速に直面し、当地域の成長見通しはかんばしくありません。

南アジア諸国は危機に対処するため、様々な通貨・財政政策を発動しました。しかし、危機の影響を軽減し、高度成長回復への道筋をつけるためには、追加的施策が必要となります。世銀は、景気刺激策となり、堅実な公共インフラ・プロジェクトに投資し、望ましい投資環境を作り出し、貧困層を保護するための既存のセーフティネット・プログラムを拡大するような政策を提唱しています。

世銀の支援

世銀が現在南アジアで推進している戦略は、成長の加速および持続、貧困層に配慮した開発、人間開発の強化という3つの柱から成っています。公的セクターの説明責任および良いガバナンスは、3つの柱に共通する基盤となります。世銀は、南アジアには大きな格差が存在し、それがさらに拡大する様相を示しており、一部地域は中所得層であるものの、低所得層は今も大きな割合を占めていると認識しています。また、紛争国の数が増加しており、世銀の支援を実施するにあたって、個々の事情に応じた解決策が必要とされていることも認識しています。

世銀は2009年度、南アジアで合計36件のプロジェクトを承認し、そのうち13億ドルはIBRDの貸出、41億ドルがIDA(うち2億7260万ドルは贈与)の承認でした。強固な融資ポートフォリオを補完するのが、世銀の分析・助言活動です。マクロ経済・投資環境の改善および投資の停滞の反転に向けた迅速な政策助言を行うため、この活動の一部に再度焦点が当てられています。また、世銀は、南アジアの国々が、セーフティネット・プログラムを貧困層や弱者に行き渡るように強化することを支援すべく、継続的な分析支援を提供しています。

2009年度、アフガニスタンおよびネパールに関する新中間戦略メモが理事会で検討されました。アフガニスタン戦略は、数百万人のアフガニスタン国民の日常生活水準を改善してきた堅実な国営プログラムへの支援に力を入れています。また、財政運営と安定性の強化、ならびに透明性と説明責任の向上に向けた取り組みを通じ、信頼性のある国づくりの要である中核的統治システムを強化することを目指しています。ネパール戦略は、堅調さが確認された分野およびプログラムを基盤とし、社会的一体性を重視しています。同戦略は「平和のフィルター」を採用していますが、これは紛争および社会的緊張の根本的原因に対し世銀融資プロジェクトがより配慮することを意図しています。

世界的危機への対応

南アジア諸国は、2007年および2008年の世界的食糧価格高騰により、大きな打撃を受けました。バングラデシュでは、食糧価格ショックにより、2008年に約400万人が貧困層に転落しました。世銀はこれを受け、世界食糧危機対応プログラム(GFRP)の一環として1億3000万ドルの拠出を承認し、同国政府が苦慮していた、社会的保護プログラムをはじめとする食糧関連支出の増加による財政圧迫の緩和を図りました。GFRPの下、アフガニスタンは、約500の小規模かつ伝 統的な灌漑システムの復旧のため、800万ドルを受け取りました。

また、世銀は、南アジア諸国による世界経済危機の影響への対処についても重点的に支援しています。パキスタンでは、経済の安定性を回復・維持し、再び高成長の軌道に乗せようとする政府プログラムを支援すべく、5億ドルの拠出を承認しました。インドでは、競争力のある条件でのタイムリーかつ十分な資金調達、特に長期融資へのアクセスが極めて困難な国内の中小企業が資金調達手段を利用しやすくなるよう、4億ドルの融資を承認しました。

インフラへの投資

WB_AR2009_photoimage

世銀は、南アジアの持続的な高度成長に対する最大の障害としてしばしば指摘される、都市・地方の膨大なインフラ不足を解消する取り組みを進めています。例えば、インドの人口の40%超には電力が供給されておらず、不安定かつ不十分な電力供給ゆえの高コストは、産業だけでなく家計にも打撃を与えています。新しいインド国別戦略では、切望されているインフラを早急に整備することが計画されています。世銀は2009年度、インド電力網公社に対し、地域間・州間の安定した電力取引を増やす目的で、4億ドルの融資を承認しました。

バングラデシュもエネルギー・セクターで同様の問題を抱えています。世銀による最新の投資環境アセスメントにて調査対象となった製造業者は、電力供給不足により、年間推定12%の売上が失われているとしています。この問題への取り組みを支援するため、世銀は2009年度、需要ピーク時の安定した電力供給増加を目的とした、シディールガンジュ電力強化プロジェクトに対し、3億5000万ドルの拠出をを承認しました。このプロジェクトは、世銀グループの、バングラデシュのエネルギーセクターへの長きにわたる関与に立脚したものであり、その中には、送電網整備や家庭用太陽光発電システムを通じて、何十万人もの消費者に電力を供給することに成功した、地方電化および再生可能エネルギー開発プログラムへの支援が含まれています。ネパールでは、送電網から消費者への電気供給が1日8時間しか行われないという、未曾有のエネルギー危機への対応として、8920万ドルの拠出を承認しました。

不十分な道路インフラも、南アジアの貧困層に配慮した持続的成長に対する重大な制約要因となっています。スリランカでは、国道が全交通量の70%以上を支えていますが、無秩序な沿道開発、長年にわたる道路の放置およびずさんな整備が、移動所要時間の長さおよび低レベルのサービスに繋がっています。この国の道路状況改善を支援するため、世銀は現在進められている道路セクター支援プロジェクトの追加資金として、9800万ドルを承認しました。同プロジェクトはこれまでに島全域で420kmの国道を改修・完成しています。

人への投資

南アジアは、世界で最も貧困が深刻な地域の一つです。栄養不良の児童は世界で最も多く、推定2600万人の子供たちが未就学とされています。一方で、目覚ましい進歩も見られます。例えばバングラデシュは、中等教育において男女平等を実現しました。この成果を踏まえ、世銀は2009年度、この国の中等教育の質を向上させ、教育へのアクセスおよび教育の公平を拡大するために、1億3070万ドルの融資を承認しました。

一方、バングラデシュの高等教育では、こうした成果は達成されていません。この国の高等教育進学率は6%と、世界最低水準に留まっています。世銀は2009年度、バングラデシュの高等教育機関における授業および研究の質と妥当性を向上させる目的で、8100万ドルを提供しました。 世銀は、南アジアの保健セクターで積極的な活動を続けています。マラリア、黒熱病およびポリオ撲滅のための新たな大規模計画として、世銀は、インドにおける予防、診断および治療サービス拡大のために5億2100万ドルを拠出しました。また、3000万ドルの贈与により、アフガニスタンの保健セクター改善を継続支援しています。このプロジェクトは、2001年以来の保健セクターにおける重要な実績に基づいています。その中には、機能する医療施設数の倍増や、乳児死亡率の22%低下により年間8万人の児童の命が救われていることなどが含まれます。スリランカでは、現行の保健サービス提供プログラムに対して2400万ドルの拠出を承認しましたが、そのうち50%は、紛争の影響を受けた北部および東部地域で25万人を超える国内避難民対象の基本的保健サービス提供に充てられます。

弱者の保護

南アジアにおける世銀の戦略は、取り残された地域、セクターおよびコミュニティに存在する成長阻害要因を取り除き、より貧困層に配慮した成長を実現することです。 人口3800万人のうち半数が貧困ライン以下で暮らすインドのオリッサ州で、世銀は、同州の道路網を改善し、農業タンクシステムを増強し、農村貧困層の生計手段を拡大することを目的として、4億4400万ドルの支援パッケージを提供しました。オリッサ農村生計手段プロジェクトは、農村貧困層、特に女性および社会経済的弱者の、自助グループへの加入を通じたエンパワーメントを目指しています。 同様に、世銀は、現在パキスタンの134地方のうち119地方で進められているパキスタン貧困緩和基金(PPAF)に対し、2億5000万ドルの拠出を承認しました。このプログラムは2000年以来、8万のコミュニティ組織の立ち上げを促進し、190万件の小口融資、1万6000件のコミュニティ・インフラ計画、および23万2000人に対する事業開発スキル教育支援を提供してきました。

バングラデシュでは、世銀は、サイクロン・シドルの被害を受けた家庭の財産および生計を回復するために、社会投資プログラム・プロジェクトに対し5000万ドルの追加拠出を承認しました。既に、バングラデシュ全域の1,000を超える村が、このプロジェクトの恩恵を受けています。また、世銀は、2万2000以上の村(農村人口の約68%)を対象とした農村開発イニシアティブであるアフガニスタン国家連帯プログラム(NSP)に対し、7500万ドルを拠出しました。2003年の設立以降、NSPは、灌漑、電力、上水道および道路開発などの4万4200件以上の小規模プロジェクトを支援するため、コミュニティに対し5億6400万ドル以上のブロック・グラントを拠出しました (http://www.worldbank.org/sar 参照)。

図2.5
南アジア地域
IBRDとIDAのテーマ別融資|2009年度
総融資額54億ドルに占める割合 [拡大図はこちら]

SouthAsia IBRD and IDA Lending by Theme Fiscal 2009

図2.6
南アジア地域
IBRDとIDAのセクター別融資|2009年度
総融資額54億ドルに占める割合 [拡大図はこちら]

SouthAsia IBRD and IDA Lending by Sector Fiscal 2009

表 2.3

南アジア地域に対するテーマ別、セクター別融資 | 2004 ~ 2009年度

単位:100万ドル

テーマ 2004 2005 2006 2007 2008 2009
経済管理 7.7 87.5 56.6 11.2 122.8 161.6
環境・天然資源管理 94.8 433.9 93.0 309.7 386.6 250.3
金融・民間セクター開発 689.9 923.0 550.4 809.9 1,344.5 1,873.4
人間開発 760.6 1,041.6 391.7 1,476.3 788.3 1,279.0
公共セクター・ガバナンス 669.8 639.5 597.9 916.6 423.7 360.2
法規 2.9 10.5 7.2 50.4 26.0 1.7
農村開発 314.1 1,132.5 568.6 1,095.5 574.1 739.2
社会開発・ジェンダー・参加 642.8 265.3 366.9 372.5 321.5 294.4
社会的保護・リスク管理 98.6 337.0 472.3 550.5 145.4 282.0
貿易・統合 52.7 63.7 138.8 31.3 68.8 30.4
都市開発 87.8 59.0 553.7 7.7 45.2 161.4
テーマ総額 3,421.6 4,993.3 3,797.2 5,631.6 4,246.8 5,433.6
セクター
農業・漁業・林業 251.9 940.8 368.9 733.6 420.5 551.7
教育 665.8 286.4 377.2 724.7 694.5 648.0
エネルギー・鉱業 130.8 83.6 483.0 243.7 1,481.4 1,178.7
金融 331.4 461.8 73.0 678.1 86.6 558.8
保健・その他の社会サービス 334.6 493.2 195.9 1,006.2 247.5 892.1
産業・貿易 46.1 485.2 306.5 292.9 167.5 167.3
情報・通信 16.9 91.9 50.0 2.8 13.2 0.0
法律・司法・行政 925.5 885.7 1,101.4 1,165.8 699.6 855.0
運輸 444.8 1,181.0 520.1 559.9 229.9 402.8
上下水道・治水 273.7 83.7 321.3 223.9 206.1 179.2
セクター総額 3,421.6 4,993.3 3,797.2 5,631.6 4,246.8 5,433.6
うち、IBRD 439.5 2,095.9 1,231.0 1,599.5 1,490.6 1,286.0
IDA 2,982.1 2,897.4 2,566.2 4,032.1 2,756.2 4,147.6

注:2005年度からは、保証と保証ファシリティを含む。数字は端数を四捨五入したため、合計額が合わないことがある。

注目すべき成果現場の声

パキスタン地震の被災者に新たな安心感

シャミム・ビビ(33歳)(写真参照)は、2005年10月8日にパキスタン北部を襲った地震で、夫と娘を失いました。「子供の安否を確かめに学校へ行くと、校舎は崩壊していました。私は瓦礫の中から、2人の子供を何とか助け出しましたが、娘は亡くなりました。その後、主人の安否を確かめに行きましたが、主人も亡くなりました」と彼女は言います。 ムザファラバードの近郊の村、ガン・チャッターにある彼女の家は、瓦礫と化しました。それは、他の数千軒と同様、最初の数回の揺れで倒壊しました。その理由の一つは、質の悪い資材を使ったずさんな建築にありました。

ムザファラバード市内では1万人以上が犠牲となり、市内のビルの約半数が破壊されました。被害の規模が大きく、厳しい山岳地帯にあったため、復興は困難を極めました。 復興活動を支援するため、政府は地震復興再生機構を設置し、世銀の資金および技術援助を受け、15億ドルに上る意欲的な所有者主導の農村住宅再建プログラムを立ち上げました。家屋所有者への技術協力、およびプログラムに定める耐震設計の遵守状況を確認するための、再建の様々な段階における検査が、このプログラムの際立った特長です。

このような個別住宅ごとの援助および検査は、3万平方キロメートルに及ぶ山間部に点在するグラント受益者に働きかけるため、膨大なロジスティクス活動を伴うものでした。そして、3年間で約60万世帯に対し、13億ドル近くの住宅再建グラントが迅速に支出されました。

シャミム・ビビは、家の再建のために合計17万5000ルピー(約2200ドル)のグラントを受け取りました。彼女の家を含め約40万戸の住宅が、耐震建築技術を用いて完全に再建されました。「与えられた設計に従って建築した新しい家は、以前の家よりずっと良くなりました。今ではもう、幸せで安全です」と彼女は言います。

南アジア地域の概要

総人口:15億人
人口増加率:1.5%
平均寿命:65歳
乳幼児死亡率(出生1000件当たり):59件
若い女性の識字率:74%
HIV感染者・エイズ患者数:260万人
2008年の一人当たり国民総所得(GNI):986ドル
一人当たりGDP指数(1998=100)164

注:平均寿命、乳幼児死亡率(出生1000件当たり)、若い女性の識字率、HIV感染者・エイズ患者数は2007年、その他の指標は2008年の「世界開発指標」データベース、HIV感染者・エイズのデータは国連・世界保健機関「2008年エイズ流行に関する報告書」の数字です。

2009年度の
新規融資承認額
2009年度の
融資実行額
IBRD:12億8600万ドル
IDA:41億4800万ドル
IBRD:12億200万ドル
IDA:27億9200万ドル

2009年6月30日現在において実施中のプロジェクトのポートフォリオ:260億ドル