Kiyoshi Okumura

Kiyoshi Okumura

神奈川県出身。東京外国語大学スペイン語科卒。同大学在籍時に2年間休学し、マドリッド大学哲文学部留学(1年)及び主に南米を放浪。1988年、三井住友銀行入行。中小企業取引開拓業務等に従事後、1992−1994年、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に留学。MBA及び国際経営学フェロープログラム(スペイン語系)(International Management Fellows Program Spanish Track)を修了。同銀行に戻り、プロジェクトファイナンス、ストラクチャードファイナンス等に従事した後、2001-2004年、ジャパンエクイティキャピタル及び大和証券SMBCプリンシパルインベストメンツ(大和PI)にてプライベートエクイティ投資業務に従事。2005年より大和PIにて、カーボンファイナンス新規事業の立ち上げを主導した後、2006年6月より、IFCに入社、引き続きカーボンファイナンスに従事、現在に至る。どの国に出張してもすぐに馴染んでしまい、毎回のように「この国なら一生住める」と発言して周囲に笑われている。

第11回インタビュー 2010年2月9日

奥村澄 インベストメント・オフィサー

国際金融公社(IFC)カーボンファイナンス

温和そうな外見とは裏腹に、彼の言葉にはいきいきとした躍動感、そして仕事への情熱が溢れている。それもそのはず、途上国の開発援助という長年の夢を実現させ、IFCに入行するまで実に12年という歳月をかけた信念の人、それが奥村さんなのだ。その長く興味深い道のりについて、話をうかがった。

スペインへの興味のルーツは高校時代

中学生まではスポーツに明け暮れる毎日でしたが、中3でブリティッシュロックに啓発され、ギターを始めバンドを組みました。西欧文化の歴史、懐の深さに憧れたんでしょうね。高校に入ると更にのめり込んでジャズやブラジル音楽に傾倒しましたが、大学受験にはあまり興味が持てませんでした。名のある大学に行けば、「名のある会社に就職ができる」、「皆が既成のブランドを求め、なるべくその先端に行こうとする」、そんな風潮に反発していたんだと思います。「もっと色々な道があっていいはずだ」と。

そんな訳で「大学は行けるところに行こう」くらいに思っていたんですが、珍しく父親に呼び出されてこんなことを言われたんです。「人生において、電車はそう頻繁には来ない。一回乗り遅れると、次が来るまで相当待つことになる。“大事な時期がある”ということををよく考えろ」。妙に説得力がありました。

この言葉をきっかけに本気で受験に取り組もうと決意しましたが、何を専攻すればいいのかが次の課題でした。考えた上での将来の選択肢は、動物が好きだったので畜産大学の獣医学科にいくか、皆が知らない外国語を学んで、その国でさっそうと暮らしてみること。どちらもそれなりにイメージは膨らみました。高校1年も終わりに近づいたある日、そんなことを考えながらふとラジオをつけて、仰天しました。いままで聴いたこともないスリリングで豊かなギターが聞こえてきたのです。チック・コリア(ジャズピアニスト)の田園コロシアムでのライブで、パコ・デ・ルシアというフラメンコギタリストの演奏でした。「こんな演奏者を育む国って、どんなところだろう」。その瞬間、僕の専攻はスペイン語に決まりました。

大学中に2年間休学して海外で暮らしてみたいと思っていたので、休学中に出費の無い国立大学に行こうと思って探したところ、東京外国語大学を見つけました。しかし、当時の僕の成績では合格は望むべくもなかったので、その日から猛勉強を始めました。ホームルームの時間でも机の下で参考書を読んでるような、嫌なやつに突然になりました(笑)。目標が決まったら、格好つけてる余裕がなかったんです。

スペインへの留学、そして南米放浪

無事に志望校に入ることができて、大学時代は勉強以外の活動に夢中でした。空手部と軽音楽部のかけもちをして、空手の練習の後、道着のままライブ演奏に駆けつけたり。3年生が終了したタイミングで予定通り2年間の休学届を提出し、スペインのマドリッド大学の1年コースに行ったんです。初めての外国でラテンの人々の生活や文化に心酔し、1年間のコースが終わった後もそのままスペインに残りました。Kiyoshi Okumura学生でもなく働くでもなく、安アパートに友人たちと住み、昼はラテンアメリカやスペイン文学を読みふけり、夜は街に出て人々と話す、という生活。当時友人たちに「Golfo(浮浪者)」と呼ばれていたことは、もちろん両親には秘密です(笑)。

この頃南米を放浪したことが、今の仕事を志す原点になったと思います。まだ軍事政権の傷が癒えておらず、超インフレや失業に苦しんでいた当時の社会の中、偶然会った多くの人たちが目を輝かせ、自分の哲学、自国の政治、文学について語るのです。アルゼンチンの山岳地帯で出会った、仕事も無く教育も受けていないおじさんが、自国の長編詩マルティン・フィエロ(Martin Fierro)を延々と暗唱した時は驚きました。「発展途上国に生まれ育っても、人間は発展途上ではない」。衝撃を受けました。でも、一方では、彼らの社会は未だ未熟で、彼らの資質を充分に活かす基盤が無い。こんな魅力的な人たち、能力の高い人たちとこれからも交流できたら、どんなに楽しいだろう。そして彼らを活かせる社会の基盤作りに貢献できたら、どんなにいいだろう。漠然と開発に興味を持ったきっかけです。

就職しても消えなかったラテンアメリカへの憧れ

日本に戻った僕を待っていたのは、進路の決定。当初はラテンアメリカ文学への思い入れがあったので大学院への進学を考えたのですが、弟子入りを志した教授と喧嘩をしてしまい、その道は絶たれました。就職のことは何も考えていなかったので、とりあえず自分が一番苦手な分野に行って数年修行をするか、と銀行を受けたんです。一社目の面接で「ラテンアメリカへすぐに赴任したい!」と一方的な野望を語ったのにも関わらず内定をもらい、すぐに就職を決めました。

でも実際は1年目で海外など行けるはずもなく、支店で営業活動。3年間自分なりにがむしゃらに頑張りましたが、そもそも進んでやりたい仕事ではなかったこともあって、やっぱりラテンアメリカに戻りたくなり、仕事を辞めてブラジルへ移住しようかとまで真剣に考えました(笑)。考え抜いた末に思い描いたのが、「一旦米国にMBA留学してキャリアを修正し、メーカーに転職してラテンアメリカの現地法人でプロジェクトマネージャーになる」というプランです。銀行業務がだいたい8時から21時頃までなので、朝7時に出社して1時間、終業後に再び、という形で、退社を前提に留学準備をしました。UCLAのMBA を受験し合格。色々と事情が変わって企業派遣になったので、銀行を退社するのはそれからずっと後になりましたが。

10年以上の国際開発銀行へのトライ、諦めていたとき・・・

UCLAのMBA在学中も、MBAに加えてスペイン語圏でのビジネスに焦点を絞るマネジメントプログラムを並行して履修し、メキシコに滞在するなどして、ラテンアメリカへの傾倒はより強くなっていきました。MBAを終了して帰国した頃、米州開発銀行(IDB)の存在を知ったんです。業務内容をみて、心が躍りました。学生時代に勉強したこと、南米放浪時代に感じたこと、MBAや銀行業務で得たこと。一つ一つの些細な支流が合流して、一本の太く豊かな奔流になっていく感覚に震えました。「自分のやりたいことが、ここにある」と思えたんです。それ以降国際開発銀行を意識し、2006年にIFCに入行するまで、実に12年間応募し続けたことになりますね。IFC、IDB、アジア開銀、欧州開銀、アフリカ開銀・・・。その間、休暇等を利用して、ワシントンDCには10回以上行ったような気がします。

例えば、IFCについて言えば、最終面接のパネルインタビュー(パネル)に3回呼ばれてるんです。1回目は1998年。このときに面接官から「あなたはキャピタルマーケットの知識は豊富だが、プロジェクトファイナンスの経験が無い」と言われて、勤めていた銀行で希望を出し、プロジェクトファイナンスの部署に移りました。2001年、2回目のパネルでは、面接官から「プロジェクトの経験が日本国内に偏ってるし、英語が心もとない」とのフィードバック。アジア危機以降、海外案件などやれる環境ではありませんでした。それでは、と米系と日系の合弁会社に移り、プライベートエクイティ投資業務に従事しました。投資対象は日本企業でしたが、社長は米国人、社内の文書、会議は英語でした。2004年に面接に呼ばれた時は、面接官の方も僕のことをよくご存知だったようで、本音でアドバイスを下さいました。「もう諦めて今のところでがんばったらどうか。今のところでいい仕事をしてるんだから。次に会うときは、お互い別々に会社の人間として、一緒にいいプロジェクトをしよう」と。

Kiyoshi Okumura3回目の面接も落ちた時は、最後の引導を渡された気分で「多分もう駄目なんだな」と思いました。そして、自分はどうしてこんなに躍起になって国際開発銀行を目指してきたのか振り返ってみたんです。「ただ入ることが目的になっていたけれど、途上国の為に働きたかったんじゃなかったのか。それなら日本にいてもできるんじゃないか」と思いました。その時、所属していた会社で、カーボンファイナンス関連の事業の立ち上げを検討していたんです。当時担当していたプライベートエクイティ投資が花形で嘱望されていたのに比べて、カーボンファイナンスは始まったばかりで今後どうなるかも不明、京都議定書も当時はまだ批准さえされていませんでした。でも、途上国での排出削減事業に関われるかもしれない。正直かなり迷いましたが、最終的には「自分が本当にしたいことをしよう」と思い、手を挙げました。その後追いかけていたプロジェクトの関係などで、IFCとも一緒に仕事をする機会がありました。結果として、この選択は本当に幸運だったと思っています。

IFCの今のボスから採用についてオファーの連絡が来たのは、彼らと仕事で接点を持ってから1年以上経った頃でした。ある日の夜中の3時に電話が鳴ったんです。それからズズー、とFAXの文面がでてきた。IFCと書いてある。明日電話してくれ、と。今でもそうだけど、人の都合を考えないんですよね(笑)。こっちが今何時かなんて、FAXがベッドの横にあるかなんて全然考えてない。で、「仕事の話だろう」と思いながら翌朝会社から電話をかけました。そうしたらボスが「もしかして、今でもまだうちで働くことに興味ある?」って。もう国際開発銀行で働くことを完全に諦めていたときでした。

新しい分野、カーボンファイナンス

Kiyoshi Okumura現在は、「京都議定書に基づいて実施される温暖化ガス削減プロジェクトに対し、どのようにファイナンスを組成していくか」「プロジェクトから将来発生するカーボンクレジット(排出権)の価値を最大化して、プロジェクト開発者に還元するにはどのような金融プロダクトの組成が必要か」「どのようにしてリスクを軽減し、信用補完を行えば、民間金融機関からの資金を誘発できるのか」などの排出権ビジネスに関わる課題に対処すべく、カーボンファイナンスユニットのインベストメント・オフィサーとして日々仕事をしています。

カーボンファイナンスは未だ新しい分野ですが、潜在的なプロジェクトはIFCの今まで投融資してきた多岐に亘るプロジェクトの中に存在します。IFC内の様々な部署のオフィサーと協働しながら、顧客にファイナンス面での最良の解決策を提供すべく、尽力しています。

国際機関を目指している若い人に対して

「自分の祈りを思い出せ」。僕が大切にしている言葉です。自分が本当に必要としていること、本当に譲れないものを自分でなるべく具体的に把握し、自分の中に持ち続けることが大切だと思います。その情熱は、常に真っ赤に燃えている必要はありません。しかしどんなに苦境の時でも、練炭の火のように、小さくてもずっと燃やし続けていること、絶やさないことが重要です。人は、自分でこうなりたいとイメージする人物を超える人間にはなれません。なるべく明確に、なりたいもの、目標のイメージを持ってください。それを持ち続け、少しでも行動し続けてください。

日本企業と国際機関のギャップは?

やはり言葉の面が大きいですね。英語なので、入ってくる情報も意識して入れないと限定的になってしまいます。印象的な言い回しをして周囲を説得するのも難しくて、苦労していますね。コミュニケーションがうまくいかないと「あんまり人と話したくないなぁ」と思ってしまう時もありますが、暗いオーラを出すと人は自然と離れていきます。だから、意見が合わない人、ちょっと喧嘩気味の人にこそ、朝から「おはよう!元気?」と懸案の話をしにいくように心がけています。

世銀スタッフの横顔ホーム